『22年目の告白』は予測不能な展開とスリルが止まらない!

22年目の告白―私が殺人犯です―

(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

2017年6月10日に公開された映画『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』

この映画は誰も予想できない展開。スリルと衝撃。素晴らしかったです。

連続殺人犯の告白にすべての国民が狂わされる!

まず、映画『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』のあらすじをご紹介したいと思います。

1995年、同一犯による5人の連続殺人事件が日本中を震撼させた。犯人はいずれも被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せつけ、背後からの絞殺、そして目撃者は殺さずに犯行の様子をメディアに証言させるという独自のルールに則って犯行を重ねていく。捜査を行っていた刑事・牧村航(伊藤英明)は殺人犯を逮捕寸前まで追い詰めるが、殺人犯の罠にはまり、当時の上司を事件に巻き込んでしまう。その後も牧村の必死の捜査もむなしく、事件は未解決のまま時効を迎えてしまう。

事件から22年後、犯人は突然自ら名乗り出た。記者会見に現れたのは自身の告白本「私が殺人犯です」を手に、不敵な笑みを浮かべた男・曾根崎雅人(藤原竜也)。顔をさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂する。

賛否両論を巻き起こしながらも、本はベストセラーになる。しかしそれだけでは終わらず、曾根崎はマスコミを引き連れての被害者遺族への謝罪やサイン会などを行う。

その全てがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく。

曾根崎に魅了された世間、事件の遺族、そして牧村を翻弄する曾根崎の告白には続きがあった…。

藤原竜也×伊藤英明!予測不能な展開とスリルが止まらない!

連続殺人犯・藤原竜也と事件を追う刑事・伊藤英明のW主演の作品。

この2人がタッグを組むというだけでもわくわくします…!!

今回の見所はこの2人の因縁の対決!

連続殺人犯として世に現れ、告白本を出版してからの大胆不敵とも呼べる彼の活動。
常に不敵な笑みを浮かべ、何を企んでいるかもわからない。

(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

挑発されたと思い、事件の遺族は曾根崎に襲いかかるも、間一髪のところで彼は逃げます。

刑事の牧村も事件で上司を殺害されているため、曾根崎に対して復讐の念にも似た感情を持っています。

しかし、時効を迎えているため、牧村は曾根崎を逮捕する事ができません。
その一方で目の前で彼が襲われるのを見て見ぬ振りできない警察の責務の狭間で揺れ動きます。

それでも動きを止めない曾根崎を世間と牧村を翻弄していきます。

次に何が起こるか予測不能の展開。
牧村は曾根崎を捕まえる事ができるのか。

この結末は見逃せないです。

(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

時効を迎えても消えない遺族が抱える「ファントム・ペイン」

藤原竜也と伊藤英明の対決に注目ですが、この映画のもう1つの見所があります。
それは**「残された遺族の心の痛み」**です。

劇中では「ファントム・ペイン(幻肢痛)」として語られています。

連続殺人には「被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せる」「殺害方法は背後からの絞殺」「目撃者は殺さずに犯行の様子をメディアに証言させる」という独自のルールに則って犯行が行われます。

事件のシーンはリアルな描写で描かれていて、そのシーンを鮮明なものとして遺族は抱えています。
残された遺族は時効を迎えたからといって、遺族は被害者との思い出や事件の記憶は消える事がありません。

そのような経験や境遇がない自分にとってはいろいろと考えさせられるものがありました。

事件から22年経っても消えない遺族の苦しみや彼らの心情もサスペンス要素と並行して描かれます。

映画『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』はいろんな意味で観た人の心に爪痕を残すぐらいの衝撃をはらんでいます。
その衝撃を映画館でぜひ感じていただきたいです。

(文:澤田孝志)

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com