ゲストにミッツ・マングローブも!台湾の人気アーティストAARONの単独ライブレポ

AARON(炎亞綸・アーロン)という台湾のアーティストをご存知でしょうか? 台湾のSMAPや嵐のようなグループ「飛輪海(フェイルンハイ)」の一員で、台湾では知らない人がいないレベルの人気を誇っている超イケメンのアーティストです。

どれくらいイケメンかというと…「あまりのカッコよさに嫉妬する気がおきないどころか、これがうちのAARONです!」と人に紹介してまわりたくなるほど!

111

そんなAARONが、ニューシングル「Gelato」のリリースを記念してワンマンライブ“AARON 「Gelato」 Release Special Live 2015”を9月15日・17日に大阪・梅田CLUB QUATTRO、東京・渋谷CLUB QUATTROで開催しました。その様子を写真をふんだんにいれてレポートします。

222
ライブツアーは、「Gelato」や「MOISTURIZING」などAARONの日本オリジナル曲のプロデュース・作曲を務める元JUDY AND MARYのTAKUYAさんを中心に編成されたスペシャルバンドを引き連れて行われました。

333

AARON スペシャルバンド
TAKUYA(Gt)、友森昭一(Gt)、伊藤千明(Ba)、村原康介(Key)、飯塚啓介(Mani) かどしゅんたろう(Dr)

こちらは、ライブ開始前に円陣を組んで気合いをいれているところ。TAKUYAさんのライブでは恒例のシーンで、大阪と東京どちらの公演でもメンバー全員で気合いをいれていました。

444555

ここからはいよいよライブのレポートです。

東京公演は、AARONの「Are you ready? Tokyo!」の掛け声とともに、ニューシングル「Gelato」で幕開け!

バッチリポーズを決めるAARON。後ろ姿でもカッコよさがわかりますよね!

666

「Gelato」がはじまると、AARONがステージを縦横無尽に踊りながら手拍子をうながして、あっという間に観客を釘付けにしていきます!

777

演奏後、「みなさんこんばんは、AARONです。今日はぜひ楽しんでいってください!さっきの曲は僕の新しいシングルGelatoです」と挨拶をすませると、ファンとの会話を楽しむAARON。

AARONは、東京も大阪のライブも全体を通してファンの声に耳をかたむけて、日本語・英語・中国語の3ヶ国語で会話を楽しんでいました。

1212121212

4曲目から6曲目までは、このツアーに合わせてAARONが選曲したカバー曲を披露。ギターが印象的なAdam Lambert(アダム・ランバート)の「Whataya Want from Me」からはじまり、同じくAdam Lambertの「No Boundaries」、そして、Coldplayの代表曲「Yellow」を力強く歌い上げます。

88888

僕が特に印象に残っているのは、「Whataya Want from Me」。AARONの甘い声と、元レベッカの友森さん(Gt)が奏でるギターは格別でした。

99999

Adam Lambert  Whataya Want from Me

ここで前半戦が終了。

11111

AARONがMCをしているあいだに、ステージではアコースティックギターとイスが用意されます。そして、ライブのためにアレンジされた「一刀不剪(No Cut)」のオリジナルバージョンがはじまりました。

この曲は、各メンバーのソロも入った構成。ゆったりとしたアコースティックギターのソロと、AARONが「put your hands up!」とノリノリに会場を盛り上げるマニュピレーターのデジタルサウンドが合わさったスペシャルなソロに会場は大いに盛り上がりました。

1111
2222

「一刀不剪(No Cut)」の後はAARONのMC。

「日本のライブハウスでライブをすることが夢でした。TAKUYAさんと佐久間(正英)さんと出会って夢を達成できました。僕のそばで支えてくれたスタッフにも感謝しています」と感謝を述べて、「僕たちは同じ空の下にいます」というメッセージとともに「All Of The Stars」と、日本語で「紀念日」と心にじんわり染み入る楽曲を披露しました。

1111


    ライタープロフィール

    砂流恵介

    砂流恵介

    砂流恵介(すながれ・けいすけ) ゲリラPR活動家 1983年広島県生まれ。秋葉原のPCショップ販売員を経て、日本エイサーにて宣伝・広報を担当。2014年1月に独立。手段を選ばないゲリラ的なPRを得意とする。アメリカザリガニ平井のゲーム実況番組「スーパーピコピコクラブ」のメインMC、元JUDY AND MARYのTAKUYAが中心になって結成した「商店街バンド」の広報、攻殻機動隊REALIZE PROJECT 編集長のほか、各種ネットメディアでの記事を執筆している。

    ピックアップ

    新着記事