映画『亜人』は原作ファンも納得するアクション満載の実写化作品!

(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

2017年9月30日(土)に公開される映画「亜人」を一足お先に観てきました!
原作ファンもそうでない方も楽しめる映画になっています!

漫画・アニメで大人気の「亜人」がついに実写映画化!

(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

映画『亜人』は大人気漫画である『亜人』の実写化作品です。
なお、2015年から2016年にかけて劇場3部作アニメ化、2016年にはテレビアニメ版が2クールで放映されるという大人気作品です。

【あらすじ】
妹の病気を治すために研修医となった永井圭(佐藤健さん)は交通事故で死亡したが、すぐに生き返り、自身が亜人(命を繰り返す新人類。その姿は人と全く同じ)であることを知る。政府に保護された永井だったが、保護とは全くの嘘で、非人道的な人体実験を繰り返されるモルモットにされてしまう。そんな永井の前に突如現れたのは自身も亜人だと名乗るテロリストの佐藤(綾野剛さん)。佐藤は非人道的な人体実験を繰り返す政府に復讐しようと永井を誘うが、その計画・思想に共感できない永井は佐藤を銃で撃ち、佐藤からも政府からも逃げることに。逃げる永井に対して、佐藤は入院中である永井の妹の誘拐を企てる…。

亜人とは、絶対に死なない新人類。絶対に死なない、ということ以外は普通の人間と同じです。亜人は死ぬと、体の全てが瞬時に再生され、完全に復活するという能力を持っています。また、亜人にしか見えない「IBM(インビジブル・ブラック・マター)」と呼ばれる戦闘能力が非常に高い幽霊のような存在を召喚することができます。

映画『亜人』は人間の脅威となる亜人の佐藤と、同じ亜人でありながら佐藤の陰謀を阻止しようとする永井との新感覚アクションバトルムービーに仕上がっています!

原作とは違う形で描かれる亜人の世界。出演者の役作りに注目!

(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

今作の実写化における設定は、原作とは若干異なるものになっています。例えば、キャラクターの生い立ちが一部違ったり、原作では高校生だった永井が、研修医という設定になっていたりします。また、原作では人気キャラクターである海斗や中野攻、オグラ・イクヤなどは出演しません。

これだけ聞くと、原作ファンからすると「おいおい…!」と言われるかもしれませんが、今作は確かに「亜人」なんです!

原作でも見所の1つでもある永井と佐藤が召喚するIBMの戦闘シーンはまさしく「亜人」です!火花が散りそうな緊張感とスリルあふれるバトルシーンは原作同様にわくわくすること間違いなしです。

また、出演者の方の役作りには原作愛を感じました!

主人公である永井圭は超合理的でありながら、情緒的な一面を持つ役。このイメージに佐藤健さんがぴったりでした。

そして、綾野剛さん演じる佐藤は、まさに原作の佐藤がそこにいる! と思うぐらいに、佐藤になりきっていました。ポーカーフェイスで、何を考えているかわからない不気味な笑顔。あの怪しさを醸し出すのは難しいでしょ…と思っていましたが、綾野剛さんは佐藤そのものでした。綾野剛さんの役作りには完全に脱帽です。

また、個人的に推したいのは戸崎役の玉山鉄二さん。目的のためにはどういう手段を問わない性格に加え、あの出で立ち。戸崎は玉山鉄二さんじゃないとダメだよ! と思ってしまうほどです。

原作ファンに対してイメージを壊さずに、忠実にキャラクターを表現してくれる出演者の方には愛しか感じませんでした。

亜人と言えばアクション!IBMの戦闘シーンに興奮の感情がたぎる!

(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

個性的なキャラクターが亜人の魅力ですが、アクションシーンも見所の1つ!

主演の佐藤健さんと言えば、映画『るろうに剣心』での縦横無尽に飛び回るこれまでにない殺陣のシーンが好評でした。『亜人』でもそのアクションシーンは健在。激しい銃撃戦はまばたきを忘れるほど!

特に細い手すりの上を銃をよけながら走るシーンは「すげぇ…」と声を漏らしてしまいました。

そんなアクションシーンが見所の『亜人』ですが、個人的に一推しのシーンがあります。それは厚生労働省へ佐藤が仕掛けるテロシーンです。原作でも人気の高いこのシーンですが、完全再現されていて超興奮します。実写化でこれ映像化して大丈夫…? と思うぐらい、かなり攻めた映像表現なので必見です。

このテロシーンには綾野剛さんのアクションシーン全てが凝縮されていると言っても過言ではありません。佐藤1人に対して、相手は100人は超えているであろう佐藤を捉えるための部隊。亜人の絶対に死なない、という特徴を活かしきったガンアクションシーンは最高過ぎました。

(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

また、亜人と言えば、VFXを駆使したIBMのアクションシーンも見所であることを忘れてはいけません! 原作と違う点としては、IBMは亜人と協力して相手を倒しに行くという点。ただVFXだけを映し出しているわけではなく、実際のアクションに絡めてのアクションシーンになっています。

特に終盤の永井と佐藤との決闘シーンは本当に見物! よくぞここまで作り上げたと拍手を贈りたいです。

原作ファンでからすると完全実写化ではないものの、「これは確かに亜人だ」と言える実写化になっていると思います。また、原作を読んだことがない方はこれまでにないアクション映画としてオススメできる映画になっています!

「絶対に死なない男」VS「絶対に死なない男」の対決の決着はどうなるのか!?
スクリーンでその対決の行方をぜひ見届けてください!

(文:澤田孝志)

関連記事

佐藤健&綾野剛、凄烈なバトル!映画『亜人』予告解禁
映画『亜人』特報解禁!佐藤健vs綾野剛、やまない闘い
綾野剛が新人類最凶の不死身男に!映画『亜人』追加キャスト
『亜人』 ワールドプレミア舞台挨拶
気になる続編についても明らかに。『亜人-衝動-』初日舞台挨拶

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com