年間イベント50回! 映画ファンと地域住民に愛されるキネカ大森に迫る

キネカ大森

映画ファンの間では単館系のイメージもあるキネカ大森。

実は1984年にオープンした日本ではじめてのシネコンだ。その後1989年からはアジア映画専門館となり、2010年から「名画座」をスタート。

現在ではお客さんからもリクエストを募り、スタッフが中心となって週替わり、2本立てのプログラムで上映し、ディープな映画ファンから地域住民まで人気を博している。

他にも「シネマDE 出逢え場」という映画コンを開催したり、観客がコスプレをして参加する『マッドマックス』上映など、イベントが目白押しの映画館として有名だ。

そんなキネカ大森の2016年現在の館内を撮影。小島支配人に「もぎり女優・片桐はいりさんとキネカ大森」についても伺った。

(投稿・文:小峰克彦)


    ライタープロフィール

    小峰克彦

    小峰克彦

    1991年生まれ成蹊大学文学部現代社会学科出身。 学生時代に『シネマインパクト』の三木聡監督のワークショップに役者として参 加。 また、山本政志監督『水の声を聞く』に末端制作スタッフ、中山剛平監督『した さきのさき』に制作スタッフとして加わる。 その後、紹介側へと軸足を移し、ソーシャルトレンドニュースを中心にライター として、映画紹介記事、インタビュー記事などを執筆している。 ▼ソーシャルトレンドニュースライタ―ページ http://social-trend.jp/author/komine/

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com