ある一本の映画を観たあの日から胸がときめいております・・・「God Help the Girl」

はじめまして、こんにちは!
奥浜レイラと申します。

テレビやラジオ、雑誌などで素敵な音楽・映画をご紹介するお仕事をしています。
これからどうぞよろしくお願いします!

そんな訳で、突然ですが最近の奥浜、胸がときめいております。
道端に咲く一輪の花に優しい気持ちになるように、些細なもの何もかもがキラキラと輝いて見え、そろそろ宝くじが当たる気さえしています。(大袈裟&飛躍)
そう、それはある一本の映画を観たあの日から・・・

その映画がこちら「God Help the Girl」なのです!

まずビジュアルが可愛いでしょ?素敵な雰囲気でしょ?
女の子が可愛い映画に、間違いは(あまり)無い。多分。

メインキャストは、この三人。
赤いリップのおかっぱ女子、イヴ(エミリー・ブラウニング)。スコットランドのグラスゴーで、うつ病と拒食症の治療のため入院中。
そして、眼鏡の文系男子ジェームズ(オリー・アレクサンデル)。アコギを抱えてバンドを組んでいるけど、いまいちパッとしません。
最後にもう一人女の子、金髪にすらりと伸びた手足が目を引くキャシー(ハンナ・マリー)。歌ったり、演じたり何か表現したいと漠然と思いながら、なかなか形になりません。

入院中のイヴが、夜な夜な抜け出し訪れたライブハウス。そこでステージに立つジェームズに出会い、やがて友人のキャシーを紹介されて、三人は一緒に音楽を作り始める・・・

と、ざっくりとそんな感じのストーリーなのですが、ここからはこの映画の素敵ポイントを3つピックアップしたいと思います。(たくさんあって選ぶのがすごく難しいけど!)


    ライタープロフィール

    奥浜レイラ

    奥浜レイラ

    テレビ・ラジオの喋り手、映画祭や映画舞台挨拶でのMC業など、マイクと共にお仕事をしています。
    Rock’n’Roll(特にロールしているものに惹かれます)、ライブ・映画鑑賞が日々の糧。
    趣味は料理(ぬか漬け始めました)、洋服の製作。廃墟、シダ植物の観察なども好きです。
    特技は手話で高校時代、全国大会で優勝しました。あとは合気道、こう見えても12年間道着を着ました! 

    ピックアップ

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com