『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』初日舞台あいさつ、指原監督自ら魅力をPR

HKT48のドキュメンタリー映画『尾崎支配人が泣いた夜 DOCYUMENTARY of HKT48』の初日舞台あいさつが29日、TOHOシネマズ日本橋で行われ指原莉乃、上野遥、坂口理子、兒玉遥、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、宮脇咲良、矢吹奈子が登壇した。

HKT48画像1

監督を務めた指原は「こうやって自分が関わった作品が大きなスクリーンにのってみなさんに見てもらえるなんて夢のようです。映画についてぜひともツイッターなどで広めて欲しい」と感慨深げ。

また「内容を固めたあとに秋元さんに見てもらったら、『全然ダメだ』といわれてやり直しするよう言われたときはやめようかと思った。そのあと『マイケル・ムーア作品を見ろ』と言われ、見てみたらなんとなくわかった。自分が考えたやつでは面白くなかったと思うから、ダメだしされてよかった」と秋元に相談したときの話を披露。

HKT48画像2

 

児玉は「私自身、気持ちを表にだすのが上手じゃないので、でも監督が指原監督なので、監督らしい人だったら喋れなかったので、監督が一緒に乗り越えてきた仲間だから話しやすかった」と指原に感謝の様子。

HKT48画像3

宮脇は「指原さんが映画監督として頑張っていたところがすごかった。メンバーの活動が終わったあと家で映画の仕事をしていたのでちゃんと寝てるのか心配にもなった」と頑張りっぷりに心配の様子。

HKT48画像4

田島は「秋元先生が九州にきていたことにびっくりした」と当時を振り返る。

HKT48画像5

 

「指原監督と映画のインタビューで初めて喋るので緊張しながら喋った。やはり監督だから話すのがうまくて、本音が自然と引き出された」と朝長。

HKT48画像6

 

田中は「15年の総選挙のときに、HKTのランクインされたメンバーに対して他のメンバーが大喜びしてるのがHKTらしさがでてるなと思った」とメンバーについて語る。

HKT48画像7

 

矢吹は「映画を見て、まだHKTに入る前にこんなことがあったんだなと感動した」と加入以前のエピソードに感動した様子。

HKT48画像8

 

「発表のときにカメラが自分のほうに向いていることに気がついた。もしかしたら自分が落ちるシーンを取られるんじゃないかと思ったけど、実はメンバー入りでメンバーが寄ってきてくれて嬉しかった」と坂口はカメラ撮影に気がついていたことを暴露。

HKT48画像9

 

上野は「この映画を通して思ったことは、どんなに辛いことがあってもほんとに診てくれる人がいるんだなと思った。いろいろな人に支えられてるんだなと思った」と涙ぐみながら話した。

HKT48画像10

 

また公開日が同じということもあり、NMB48が乱入し山本彩が「やっとみなさんに見ていただけるとドキドキする。NMBも初のドキュメトなので、私たちの姿が映されると思うと少し恥ずかしい」と話した。

HKT48画像11

最後に指原は「こうして初日に集まっていただいてありがとう。自分が作った作品が世に出ることに未だに戸惑っている。大ヒットしてほしい。どうしてアイドルを応援したくなるのかがわかったりする。HKTに興味のない人も見て欲しい」と大ヒットを祈願しつつ終了となった。

(取材・文・波江智)

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com