カットニスの三角関係も完結!『ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション』感想

ハンガーゲーム

シネマズ公式ライターのアスカでございます。

シリーズものが完結するときって、これでやっとストーリーのゴールまでたどり着いたとホッとするものの、もう次はないのか〜という寂しさを感じますね。『ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション』もそうです。

全三部作のハンガー・ゲームはラストが前編・後編になっていて、前編にあたる『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』は6月に公開となりました。そして、後編の『ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション』が2015年11月20日に世界同時公開され、まさに今観てきたばかりの筆者はついに最後までストーリーを知ったことで興奮しながらこの原稿を書いています!これで本当にハンガー・ゲームが完結しました。

ハンガーゲーム

個性ある男性キャラクターたちに注目!

とはいえ、ストーリーをシネマズで書くのは控えておきますね(笑)『ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション』ではジェニファー・ローレンスの演じる主人公カットニス・エヴァディーンが大活躍するのはもちろんなんですが、今作では男性キャラクターにもぜひ注目してほしいなぁ。それがいい意味で見どころの1つになっていて面白いんです!

第74回のハンガー・ゲームでカットニスとパートナーとして行動を共にしたピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)は前作で敵である政府軍から救出されましたが、洗脳されているため今作でもぶっちゃけ厄介なキャラです。

カットニスの幼なじみで心の支えとなっているゲイル(リアム・ヘムズワース)はイイやつなんだけど、嫉妬深いところが強いのでやっぱりこちらも厄介。

ハンガーゲーム

忘れちゃいけないのがドナルド・サザーランドが演じる独裁国家パネムのトップで冷徹なスノー大統領。これまで行われてきた残酷な破壊活動はすべてのスノーの仕業なのですから、カットニスは反乱軍としてスノーを暗殺することを最大の目的としています。しかしながら、スノーもカットニスを抹殺することを楽しみとしているんで悪趣味だな〜と。カットニスの周りはほんと厄介な男ばかりです(笑)

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事