映画に出てくる“アノ人”に会いに石垣島に行ってきた編。

〜映画ソムリエ東紗友美の食べて、祈って、ロケ地見て〜

こんにちは、映画ソムリエの東です。

突然ですが皆さん、映画に出てくる心を奪われた印象的な夫婦は誰ですか?
『きみに読む物語』のノアとアリー?
『カールじいさんの空飛ぶ家』のカールとエリー?
最近だと、『光をくれた人』のトムとイザベル?

私は、ナイスカッポーの登場する作品の中でとりわけおすすめなのがズバリ、『ペンギン夫婦の作り方』。
ペンギン夫婦の作りかた [DVD]

その映画に登場する辺銀 暁峰&愛理夫妻!何を隠そうこの映画は実話なのです。そしてこのお2人は、かの有名な「石垣島の食べるラー油」の知名度を全国的に広めた方々でもあるのだ。

この夫婦、私のまさに理想像。少しでもエッセンスを私の結婚生活にも受け継ぎたくて、結婚前に主人に観てもらった映画でもあるんですよね。

1番近い人こそ、1番気を使うべき存在でもあるべきことだったり、夫婦の絆のあり方だったり、何事にも一生懸命になることの重要性だったり、家族になる上で大切にしたいと思うこと、誰しもに考えさせてくれるキッカケをくれる映画なのだ。

冒頭の簡単な説明とパッケージで薄々感づいている思いますが勿論、水族館にいる黒×白カラーを基調としたあのペンギンのオスとメスの物語ではありませんよ。

さて、私が今回訪れたのは、そんなペンギン夫婦の営むことで有名な沖縄県石垣島にあるご飯屋さん!

その名も「辺銀食堂」!!
http://penshoku.com/

そう、私は噂のペンギン夫婦に会いに石垣島にランチをしにきたのだ。

こちらのお店、ランチは11時30分からですが、11時30分に到着した時はなんと並んでおりました。

タクシーの方に確認したところ、大人気のお店なんだとか。映画を通じ、夫婦になる前の苦労していた2人を知っているから(古い友人きどり(´∀`=)汗)それを聞いただけで感激。

ちなみに私はだいぶ前から予約を取っていたのでどうにかセーフ!お昼は予約できるそうなのではるばる違う県から向かうときは予約するのがベターですね。

そして、気になるお昼のメニューはこんな感じでした。

うん、明らかに迷う。どれもラー油が合いそう!結局、私が選んだのは1番人気のジャージャンすば(いわゆるジャージャー麺)を頼みました。

ちなみに店内は今風のオシャレな空間。ウッドなテイストにセンスを感じるインテリア。お手洗いも2つあり、どちらも綺麗で旅の疲れも流せる感じ!旅先で入ったお目当てのお店のお手洗いが綺麗だとなんとなく得した気分になるのは私だけじゃないハズ。

ソワソワしながら待っているうちに、注文していたメニューが来ました。

これ、大人気だそうで親友と2人でこのお店に来たのですが2人ともこれをチョイス!

ここで食レポ行きますね…( ´ ▽ ` )

手に取ったお箸に、まろやかに力を入れる。そして、この旅はまだ始まったばかりなので体力温存のため自分の出せる力の八割くらいを使って思いっきり混ぜてみる…。
すると、ものの数秒で誰の目から見てもわかるように具と麺が絡み合った。麺と具の出会い…。

さっきまで出会うことのなかったはずの双方が打ち解けた具合を確認し、ここでヒトークチ!(*´ω`*)

おいしい、おいしい!!←感想ヘタかo(`へ´ )o

テーブルに置かれたラー油を追加してさらに一口!!

まろやかな辛みが心地良く刺激をくれます。

うまい、うまいぞ!なんでしょう、この食べ応え。

朝、空港のうどん屋で握りこぶしふたつほどの大きめかき揚げウドンを堪能したばかりの私でしたが、すぐに完食してしまいました。

がっつり、たっぷり、クセになる。三拍子そろった魅惑のジャージャー麺に出会いました。ラー油を利用して、好みで途中で味を変更できるのも良いです。お腹が空いた人を満たしてくれる味でしょう!

最後にレモングラスとグアバの薫り漂うオリジナルの番茶とデザートでひとやすみ。こちらはお上品なスイーツでした(^O^)

そしてちょうど、食べ終わったあたりでしょうか!ペンギン夫婦の旦那様 暁峰さんがお店に、現れた。現在はこのお店のオーナーさんなのです。

写真をお願いすると、もう南国の太陽のような笑顔をレンズに向けてくださいました!(実際にはレンズを向ける前からこの笑顔!ハッピー溢れてる!!)

もう・・・なんて良い笑顔なんでしょう…!もし、アルバイトの面接とかでこんな方が出てきたら全力でその店で働きたくなるこの感じ。伝わりますでしょうか?
私も隣りにいるだけで、思わず心のそこからハッピーが溢れて…橋本環奈ちゃんもびっくりのキセキの1枚が撮れました(*´ω`*)

そして、帰りがけに石垣島歴17年の暁峰さんのオススメの場所を聞いてみました。
暁峰さんのお気に入りの場所は、平久保岬だそうです!
http://www.ishigaki-navi.net/si_hirakubozaki.html

映画にも登場していた絶景スポットですね!行ってみたい!!

他にも色んな話を聞かせていただいたり、少しだけ石垣島を案内していただいたり。更にはチャン・イーモウ監督の話で盛り上がったり、僥倖さんは映画の世界にも精通されていてて。優しくフレンドリーで常に神対応!私までポジティブになれました!

次回は夜に遊びに行きたいと思います。お酒飲むぞー!

そして食堂の近くに、こんなお店も運営中だそうです(^ν^)

「石垣ペンギン」

おみやげになりそうな雑貨系のものからすぐ石垣島で使用できそうなアイテムまで揃っていました。アーティストのアイテムが並ぶセレクトショップです!

美味しいご飯に、おしゃれな雑貨。この旅でこれまで以上にこの映画が好きになりました。

石垣島ラー油は「石垣ペンギン」で購入可能。

ここで買い逃した方は新石垣空港のJAL側の近くにあるお土産屋さんでも販売してましたよ。
そして何ならインターネットでも購入可能ですよ!(笑)
http://penshoku.com/main/howto/

そろそろ最後になりましたが、モウ1つ。
沖縄離島にあるオススメのロケ地情報を…!

こちらは映画ではなくドラマなのですが、石垣島離島ターミナルから船で25分ほどで到着する離島「小浜島」。そこはさとうきび畑の広がるちゅらさんの島。

そう、あのNHK連続テレビ小説 国仲涼子さん主演のちゅらさんの舞台です。

趣ありますよね!

そしてこちらは、単なるさとうきび畑ではありません!
かの有名なちゅらさんに出てくるシュガーロード。

現在は開発のため、ドラマ放送時と少し変わってしまいましたが、今も変わらぬザワワ音を聞くことができました。
※小浜島の方に車が来ないタイミングを確認して写真を撮っていただいております。この写真の角度で撮るとドラマのときの世界観だけ写せます。

沖縄離島旅、本島とはまた少し違ったゆったりした空気が流れていておすすめです。
是非、皆さんが離島に行かれる際にちょっとでもお役立ちできたら嬉しいです。

■「映画ロケ地巡り」の記事をもっと読みたい方は、こちら

(取材・文:映画ソムリエ 東紗友美

関連記事

映画ソムリエ 週末ふらっと聖地巡礼:千葉県鴨川市『怒り』ロケ地編
兵庫県にある『ノルウェイの森』ロケ地がとても美しかった!!
想像を越える『鉄道員(ぽっぽや)』の世界!幌舞駅に遊びに行ってみた!(完結編)
想像を越える『鉄道員(ぽっぽや)』の世界!幌舞駅に遊びに行ってみた!(前編)
映画ファン必見!カメラ必須の映画の街が東京に!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事