レビュー&試写会でのキャストコメントをお届け!映画『日本ローカルヒーロー大決戦』

Still0901_00016
こんにちは。シネマズ公式ライターの大谷です。

先日、11月14日(土)より公開の映画『日本ローカルヒーロー大決戦』の試写会に行ってきたので、作品のレビューと試写会の最後に開催された舞台挨拶でのキャストたちのコメントをお届けします。
ネタバレできるだけナシで書きたいと思いますが、気になる方は後半のキャストコメントまで読み飛ばしていただければと思います(笑)。

また、ローカルヒーローの存在を知らないという方はこちらの記事「あなたの街にもヒーローはいる!映画『日本ローカルヒーロー大決戦』」もぜひ読んでみてください!

お子様連れも特撮ファンも満足できる作品

まず、簡単にストーリーを紹介します。
千葉・木更津のローカルヒーロー「鳳神ヤツルギ」を中心に、全国のローカルヒーローが集まるイベントが開催されるその日、会場へ向かう子供たちが近道に通った立ち入り禁止区域で、世界を消滅させようとたくらむ破壊の神・煉獄大魔王と4人の魔神の封印を解いてしまいます。
危機を感じ、そこへ駆けつけた鳳神ヤツルギこと大和ミコトですが、魔神たちにかなわず、ヤツルギの力を奪われて意識不明に。
一方、大魔王は封印を解いた子供のひとり・ミコトに憑依し、イベント会場は魔神たちが差し向けた敵に侵略され、世界は危機を迎えます。
Still0901_00033
最後にヒーローが勝利してこそ、というのがヒーローものの王道ストーリーですが、強大な敵に拮抗する姿にドキドキしながら観られる作品です。
ミニ・キサラ(「鳳神ヤツルギ」)による客席への呼びかけで、スクリーンの中のキャラクターたちと一緒にヤツルギへ声援を送る場面もあり、ヒーローショーさながらに子供たちも白熱するはず。
Still0901_00040
また、ヒーローショーなどでアクションを磨いたキャストたちの戦闘シーンも見応えがあり、特撮ファンが観ても納得の完成度だと思います。
80分の上映時間の中にアクションシーンもたっぷりで、それぞれのキャラクターの見せ場はもちろん、同じ作品のキャラクターによる協力攻撃や、なかなか見ることのできない作品を超えたキャラクターのコラボ攻撃が見られるのも魅力です。

敵キャラクターだって活躍!

Still0901_00042
そして、ヒーロー作品に欠かせないのが敵キャラクター&ライバルです。
「鳳神ヤツルギ」のほか、茨城「時空戦士イバライガー」、山梨・「甲州戦記サクライザー」、沖縄「ハルサーエイカー」、大分「パワーシティーオーイタ」などから個性的な敵幹部や美人幹部、ライバルキャラが多数登場し、作品に彩りを加えています。
戦いにどのように関わるのかは観てのお楽しみにしていただきたいところですが、「それでこそ敵キャラ!」と思わせてくれるギャグ要素も担っていて、シリアスな展開が続く中で癒し系ともいえる存在に愛しさを感じるほどでした。
Still0901_00012
また、極悪なキャラに惹かれてしまうという人には、煉獄大魔王に遣える4人の魔神も魅力的に映ると思います。
ビジュアルのかっこよさもさながら、それぞれのキャラに個性があり、煉獄大魔王に忠心を誓って4者4様の戦い方でヒーローたちに苦戦を強いる姿は、「この4人のドラマももっと観たい!」と思わせてくれるのではないでしょうか。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事