兵庫県にある『ノルウェイの森』ロケ地がとても美しかった!!

■「映画ロケ地巡り」の記事

〜映画ソムリエ東紗友美の食べて、祈って、ロケ地見て〜

ノルウェイの森

日本が誇るHARUKIこと村上春樹さん原作が満を持して映画化されたことで話題となった2010年公開映画『ノルウェイの森』。
今回は兵庫県にあるロケ地に2箇所に、行ってきました!

まず映画の中でメインロケ地となったのは、何度も登場する兵庫県神河町(かみかわちょう)にある砥峰高原(読み方:とのみね高原)。

新幹線で姫路駅に降り立ちレンタカーで走ること約50分・・・。
うねうねの山道の運転を乗り越えると…
そこには、目の前に広がる圧巻の風景!!

携帯を思わずしまって、すぐさまデジタルデトックスしたくなるような…。
か、か、かなりの絶景・・・!!

そして、この看板は確実にフォトスポットですね。

ノルウェイの森以外にもドラマ軍師官兵衛やドラマ平清盛も撮影されたようです。

ちなみに動画でもこの世界観を抑えておきました。こんな感じです。
気になる方どうぞ\(^o^)/

そして、ここ砥峰高原は、2015年公開映画「信長協奏曲」のロケ地にもなっているそう。
合戦のシーンなどがこの場所で撮られたそうですよ。

砥峰高原は、ハイキングに最適!この道を散歩できます。

観光案内所の方に伺ったところ、一週3.1キロでゆっくり歩くと90分くらいだそう!
風にそよぐ緑の音しか聞こえない。時間をとめたくなるほど素敵な場所でした。

ちなみに少し歩くだけでほんの不意打ちショットでさえも、映画のヒロイン風な写真が撮れます。この場所は、それだけ背景の景色が圧倒的なのです。

ちなみに私は100メートルほど歩きました(^ν^)(ドヤ顔…)

私は小道具としてノルウェイの森の文庫本を持っていきました。
すると、これが大正解!!

すごいそれっぽい写真が撮れました\(^o^)/笑
陶酔してる感がまたそれっぽくて良い!!このまま何かの広告にできそう…!
オファー、待ってます(^ν^)

そして小腹がすいたのでこの絶景の真向かいの「とのみね自然交流館」へ。

この場所、実は日本有数の絶景カフェとなるうる場所でありました。
だって目の前の景色がこれですもの・・・!!

ここでこの景色を堪能しながら味わった高原アイスが今も忘れらません・・・。
交流館の中も撮影時の様子も・・・。

そして交流館の隣の蕎麦屋・交流庵へ。ここ、シーズンになると並ぶ人気のお蕎麦屋さんなんだとか。

お、発見!

ここにはサインが飾られていましたよ(^^)

この場所は、夜は星が相当キレイな場所が何だとか。
ワンコ連れの人も見かけましたよ。歩きやすい格好×虫除けスプレーは必須です。

ちなみにこの砥峰高原は、ススキの名所だそうですよ。

秋になるとススキ祭りが開催されたり、 ススキを求めてここまで来るドライバーやバイカーの方も多いそうです。

ノルウェイの森では緑のそよぐこの季節以外に雪景色も多かったですよね。
寒そうですが雪が降り積もったこの場所にも来てみたいです。

そして、もう一箇所みてきちゃいました!!
それが、峰山高原(みねやま高原)ホテル リラクシアの森。

当初撮影の予定がなかったにも関わらず、この森をみたトラン・アン・ユン監督が雰囲気の良さに惚れ込み大喜びして駆け回り撮影を決めたという撮影秘話が残っています。

駆け回っちゃうトラン・アン・ユン監督、かわええ・・・(^o^)笑

さて「リラクシアの森」を散策には、まずホテルリラクシアへ向かいましょう。

このホテルの隣がすぐ散策道の入り口になっています。
看板もあるので迷わないはず♪運が良ければシカやウサギにも出会えるらしいです。

さて、リラクシアの森をずんずん歩いてみます。

ところどころにノルウェイの森の撮影地まであと◯◯メートルの看板が・・・!

こういうのって最後の数メートルが長く感じますね〜〜!!

約15分かけ0.7キロメートルあるきました・・・。
そして遂に到着しました・・・。

この看板のすぐ近くの石の道。
阿美寮へ続く森の中という設定でワタナベ、ナオコ、レイコの3人がたくさん出演されていましたよね。

マイナスイオンに溢れた夏なのに全く暑さを感じない場所でした。
33度の日に来たのに、それなりに涼しかった!木々たちにせんきゅー\(^o^)/

ちなみにこの峰山高原ホテルはノルウェイの森の撮影時にスタッフの方の宿泊先だったそう。そんなこんなでお土産ショップにはサインも飾られていましたよ。

このリラクシアの森は、さきほどの砥峰高原から車で15分ほど。

私の乗っていた車のカーナビだと林道なので表示されず、
しれっと65分コースを提案されました。
あやうく65分もかかるところだった・・・。おそロシア・・・。

旅行に行くとタイム・イズ・マネーなので道にたくさん出ている看板の案内を便りに行くことをおすすめします。
せっかく神河町まで行くならどちらも散策されてほしいです(^^)

ノルウェイの森ロケ地巡りマイナスイオンいっぱい感じる癒やし度満点のタビでした!!

それでは皆さんまた今度〜!

■「映画ロケ地巡り」の記事をもっと読みたい方は、こちら

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com