沖縄行ったら絶対食べるべき「ぜんざい」と「ステーキ」!【沖縄国際映画祭こぼれ話】

「沖縄国際映画祭」で大好きな映画を堪能させていただいたライター、ゆうせいです。今回は映画から少し離れて、タクシー運転手さんに聞いた那覇市のグルメ情報をお届けしたいと思います。

映画祭の会場は那覇市内にいくつか分かれており、中にはタクシーでないと行きにくいところもあります。そこで、せっかくタクシーに乗るなら運転手さんにグルメ情報を聞いてみようと思ったところ、やはり美味しいお店を知っていました。

というわけで、那覇市に来たなら絶対に食べておくべき「ぜんざい」と「ステーキ」をご紹介します。

沖縄ではぜんざいは冷たいもの主流!「千日」のミルク金時が絶品

まずはじめにご紹介するのは「ぜんざい」です。

ぜんざいと聞くと温かいものを想像されるかもしれませんが、沖縄では冷たいものが主流とのことです。さすが沖縄ですね。

なかでも「千日」のぜんざいが地元の方に愛されているとのことで、さっそく行ってみることにしました。

いろんな種類がある中で、今回は運転手さんおすすめの「ミルク金時」を注文。1分ほどで出てきたそれを見て驚愕しました。

ふわっふわの氷に練乳がたっぷりとかかっており、その下に大粒のぜんざいが!

練乳と氷のハーモニーに包まれながらぜんざいを堪能でき、最後まで飽きずにペロッと食べることができます。

あまりの美味しさに慌てて食べてしまい、頭がキーンとなるのは地元の方も同じようです。

こちら、たったの450円です! 絶対に食べることをおすすめします。

関連ランキング:かき氷 | 旭橋駅県庁前駅

地元民も観光客もこぞって食べる「ジャッキーステーキハウス」のテンダーロインステーキ

次に、みんな大好きお肉のお店です。沖縄はあぐー豚が有名で、豚肉を使った料理がたくさんありますが、牛肉だって負けてはいません。なかでも「ジャッキーステーキハウス」は地元の方も観光客もみんな仲良く順番を並ぶほどの人気店です。私も約40分待って入店しました。

このお店のイチオシは「テンダーロイン ステーキ」です。サイズはS、M、Lから選ぶことができます。私はMサイズで、ライスを選択しました。(パンも選べます。)

運ばれてきたお肉は、これこそがシズルであると言わんばかりでした。

テンダーロインステーキ!

A post shared by ゆうせい (@yousay_nagai) on

また、このステーキにはいくつか食べ方があり、

・まずはそのままの味を楽しむ

・卓上の塩、コショウ、しょう油、No.1ステーキソースで楽しむ

・スタッフさんからガーリックパウダー、おろしニンニクをもらって楽しむ

となっています。

中でも特製ステーキソースが最高すぎて、何もかもにこれをかけて食べたいほど美味しいです。

Mサイズでも大きいかな? なんて思っていた私ですが、食べ終わるころにはLサイズを注文しておけばよかったと後悔するほどでした。

関連ランキング:ステーキ | 旭橋駅県庁前駅壺川駅

沖縄料理もいいけれどたまには地元グルメもいいよね

というわけで、タクシー運転手さんに聞いた地元グルメをご紹介しました。

ゴーヤチャンプルもソーキそばも、そしてラフテーチャーハンも大好きですが、地元の方がおすすめする料理を堪能する旅も良いものです。

沖縄(那覇市)に行ったらぜひ食べてみることをおすすめしますよ。

それではまた。ご存じ、ゆうせいでした。

(取材・文:ゆうせい)

関連記事

「沖縄国際映画祭」に来たはずが「NMB48」に夢中でシャッターを切った話
「ビー・バップ・ハイスクール」の撮影裏話が過激すぎて書けない!(書くけど!)
GACKT登場の瞬間に曇り空が晴天に!沖縄国際映画祭ダイジェスト
滞在4時間!弾丸日帰り宮古島、日本最南端の映画館へ!!
【写真100枚掲載!】妖精マジックの土屋太鳳、トリを飾る中尾明慶&小出恵介らが魅了!沖縄国際映画祭のレッドカーペット

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事