梶芽衣子さん登場にファン大喜び!鬼平バスツアーに参加してきた

11月のとある日、池波正太郎さん原作の大人気作「鬼平犯科帳」のファンが集い、都内の「鬼平」にちなんだ土地を訪問するイベント「梶芽衣子と巡る「鬼平犯科帳」ゆかりの地バスツアー」(主催:CS放送局「ホームドラマチャンネル」)に参加してきました。

当日はあいにくの荒天。予定していた散歩エリアなど複数いけない所があったのですが、上野から本所などのエリアでゆかりのあるスポット回ることができました!

中央図書館 池波正太郎記念文庫で梶さんと出会う

最初に訪れたのは中央図書館・池波正太郎記念文庫(URL:https://www.taitocity.net/tai-lib/ikenami/)。
ここでは小説内の地理関係が一目でわかる大江戸絵図の展示や、池波さんの書斎を再現では、本物の机や取材メモや原稿のコピーが展示されています。

また出版された書籍に関しては初版本がずらりと並び、これはコアなマニア垂涎でしょう。

一つ一つの資料をぐっと覗き込むファンの姿勢が印象的でした。

ツアーの最初ですし記念写真を撮りましょうか、といったところでざわめきが。

ドラマ「鬼平犯科帳」では長谷川平蔵を助ける密偵・おまさ、ドラマ「剣客商売」では料亭「不二楼」の元女中で小料理屋「元長」の女将・おもとを演じられている梶芽衣子さんです。
鬼平バスツアー

喜ぶファンとまずは集合写真を。

バスに乗り込むところでは、建物とバスが離れていて雨の降る中「雨でぬれちゃうから急いでね!」と心遣いを見せる梶さん。とても優しい、そして「おまさ」よりも明るい仕草に、すでに参加者の皆さんが魅了され始めているようです。

バスの中では梶さんと観光ガイドさんの解説が楽しい

鬼平バスツアー

あいにくの雨天、しかもかなりの雨で、ところどころに予定されていた散策予定がキャンセルとなりました。でもその代わり、バスの中では梶さんと「すみだ観光ガイドの会」副会長の松嵜せつ子さんの息の合った掛け合いが盛り上げます。

池波正太郎さんの幼少期のエピソードが長谷川平蔵の口から語られるなど、池波さんの人生観は長谷川平蔵の人生観に重なっていること、池波さんの気持ちが密偵の気持ちとして小説内で語られることがあるなど、松嵜さんの分析した池波小説の人気の秘密を披露。これには梶さんも

「私が話すことが無い(笑)」

と脱帽していました。


    ライタープロフィール

    奥野 大児

    奥野 大児

    現代ものやSFなどの映画はあまりわからないけれど、時代劇と海外ドラマはなぜか見ている1971年生まれのフリーライター・ブロガー。とりわけ必殺シリーズおよび「鬼平犯科帳」「御家人斬九郎」の ・悪人が悪人を裁く ・良い人も悪いことをすることがある ・松平家の御紋が通用しない といった設定が大好き。 映画の時代劇の映像の暗さを楽しむために、部屋を真っ暗にして堪能している。

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com