引き継がれた物語を描く、劇場アニメ『屍者の帝国』完成披露舞台挨拶

9月26日(土)、TOHOシネマズ日本橋にてノイタミナムービー『屍者の帝国』の完成披露試写会が行われ、鷲崎健さんの軽快なMCで始まった舞台挨拶には、ジョン・ワトソン役の細谷佳正さん、フライデー役の村瀬歩さん、ハダリー・リリス役の花澤香菜さん、牧原亮太郎監督が登壇しました。
main
34歳で夭折した小説家・伊藤計劃(いとう・けいかく)が残したプロットを元に、芥川賞作家の円城塔が書き継いだ同名小説を劇場アニメ化した今作。
死者蘇生技術が発達し、屍者を労働力として活用している19世紀末のロンドンが舞台。医学生ジョン・H・ワトソンは親友フライデーとの生前の約束で、違法に彼の屍者化を試みたことをきっかけに、100年前に最初の屍者を生み出した技術が記載されているというヴィクターの手記の捜索という任務を受けることに。魂の再生は可能なのかをテーマに、各国を巡る彼らの壮大な旅を描いた作品です。

アニメ作品ならではのテープオーディション

登壇者の自己紹介の後、MCによるQ&Aが行われました。

まずは、自分の役が決まった時の気持ちについて。

細谷「原稿を読んで録音したものを提出するテープオーディションがありまして、役が決まったときは原作の存在知らなかったので、もらった原稿を読み込んでイメージ作りをたくさんしました。以前『ハル』という作品でご一緒した牧原監督とまたお仕事ができるのもうれしかったですね」

村瀬「フライデーはきーきーした感じの声を出すのが大変で、画がなかったので、シーンをどう作っていくかイメージが沸きづらくて難しかったです。テープオーディションの時はきちんとしゃべっているセリフだったんですけど、自分なりに考えて役作りをしたので、決まったときはすごくうれしかったというのが大きいです。きーきーしている時と普通の声の変化をふまえて決めてくださってありがたいです」

花澤「原作を読みながらテープオーディションのレコーディングをしたんですが、“このセクシーお姉さん、私にできるのだろうか”って思いながら楽しく録らせていただきました(笑)。オーディションの前に、Project-Itohのナレーションをやらせていただいていたので、この作品にも関われたらうれしいなと思いました」


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com