日本初公開!『ロボコップ4K版』上映イベントに行ってきた!

ロボコップ (字幕版)

日本初公開から、実に31年!

メタリックのボディアーマーに身を包んだ、あの伝説の警官が今蘇る!

映画『ロボコップ』に魅せられ、その人生をロボコップに捧げた男。映画ライターにして交通ジャーナリストのジャンクハンター吉田さんが、自身の長年の夢をクラウドファンディングによって実現させた、ファン待望の上映イベント。その名も、「ロボコップ・コンベンション東京2019」が、1月14日の祝日、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で開催されました。

会場となったのは、ユナイテッドシネマズ・アクアシティお台場のスクリーン1。612席という、大スクリーンでの上映が今回実現しました。

当日は日本初公開となる、『ロボコップ4K版』上映に加えて、各界のロボコップ愛好家を交えてのトークセッションが行われるなど、正にファンにとっての夢が実現したと言える、この大イベント。

今回が日本初DVD化となる「メイキング・オブ・ロボコップ」の映像ソフトも、当日先行販売されました。

当日は、今回初のDVD化となる幻のメイキング映像DVDや、アクションフィギュアの先行特別販売など、物販コーナーも大充実だったイベント会場。

全国のロボコップファンの熱気に包まれたイベントの様子を、レポートと共に感じ取って頂ければと思います!

夢の4Kレストア版が、ついに観客の前に!

まず本編上映前に、昨年開催された東京コミコンでのロボコップイベントの映像が上映され、ゲストで登壇したピーター・ウェラーのインタビューと、今回の上映会へのメッセージ映像が披露されました。

続いてスクリーンに現れたのが、ファン待望の『ロボコップ4K版』本編!

現代の最新技術で、よりクリアーに生まれ変わったその映像は、公開当時劇場で観たり、テレビや映像ソフトで何回も観ているという方にとっても、様々な発見や驚きに満ちたものに生まれ変わっていたのです。

中でも、ロボコップのスーツの微妙な色合い(シルバーに混ざる微妙な青がよくわかる!)や、舞台となるデトロイトの街の様子、そして絶妙なタイミングで挿入されるTVコマーシャルが、よりクリアーな映像で楽しめるのは、ファンにとっても嬉しい限り!

ちなみに、今回上映されたのはアンレイテッド版だったため、とにかく銃撃シーンでの人体破壊描写や、血のりの量が想像以上に凄かったのは、個人的にも驚きでした。

31年振りに劇場で観た『ロボコップ』に、改めて感動!

実は、今回31年振りに大スクリーンで見直した、映画『ロボコップ』。ピーター・ウェラーが本編上映前の映像で語った通り、実はこの映画が、男の”魂の戦い”を描いた作品であることを、改めて認識させられた気がしました。

主人公の警官マーフィーは、自身の家族や人生、それに記憶や名前までも奪われて、企業の操り人形として再生させられます。

これ以上ない逆境と絶望の中から、それでも最後にやり残した正義を成すために立ち上がり、最終的に自分の名前という、誰も奪うことの出来ないアイデンティティと笑顔を取り戻す!

一見、ヒーローの活躍を派手な見せ場で描くSFアクションの様に見せながら、その根底には人間の尊厳のための闘いという、普遍的なテーマが隠されている、この『ロボコップ』という映画。

公開後31年を経て、未だにこれだけ多くの観客の人気を集めるのも納得の面白さでした!

上映後のトークイベントが豪華過ぎる!

観客の大拍手でエンディングを飾った本編終了後、15分の休憩を挟んで二つのトークイベントが行われました。

左より、IGN JAPANの土方さん、ダニエル編集長、ライターの茶稲さん。

まず最初に行われたのは、IGN JAPANの配信番組「銀幕にポップコーン」の公開収録。

壇上で『ロボコップ』についてトークを展開したのは、IGN JAPANのダニエル編集長と土方さん、それにライターの茶稲さんの三人。

ダニエル編集長による、イギリスでの『ロボコップ』に対する当時の評価や、茶稲さんが持参したロボコップのフィギュアの音声機能公開など、映画の面白さが倍増するトーク満載の公開収録でした。

IGN JAPAN「銀幕にポップコーン」

壇上に並んだ豪華なゲスト陣!

続いてのトークイベントは、ジャンクハンター吉田さんとパッキー小林さんをメインに迎えての、「炎のディスクコマンドー特別編」トークイベント!

壇上に並んだ椅子の数からもお分かりの通り、ステージ一杯に並んだ豪華過ぎるゲストの顔ぶれは、正に圧巻の一言です!

登壇ゲストの方々。左より、漫画家の巻来功士先生、山田貴敏先生、映画ライターのてらさわホークさん、鶴田法男監督。

同じく、登壇ゲストの方々。左より、映画ライターの高橋ヨシキさん、公開当時に『ロボコップ』のコミカライズ版を描かれた
漫画家の高岩ヨシヒロ先生、FROGMAN監督、漫画家の平松伸二先生。

映画ライターや映画監督、それに今回入場者プレゼントとして製作されたポストカードのイラストを描かれた漫画家の先生などが、各人にとっての『ロボコップ』の思い出を、熱く語ってくれました。

ただ、非常に残念なのは、時間が足りずに各ゲストの答える時間が短かったこと…。

クラウドファンディングで出資された方からの、個別の質問タイムも!

それでも終盤では、クラウドファンディング出資者による個別の質問タイムが設けられるなど、最後まで観客の目線に立ったイベント内容でした。

33人中、実に21人のアーティストの方々が大集合!

更にエンディングでは、今回入場者特典として配布されたポストカード33枚セットにイラストを提供された、有名アーティストの方々が加わっての撮影タイムが設けられるという大サービスも。

最後に

午後1時から3時間半にわたって開催された、この「ロボコップ・コンベンション東京2019」。

前述した通り、当日の入場者には特典として、33人の有名アーティストがロボコップをモチーフに描いたポストカード33枚セットと、日本公開時チラシの復刻版(当時のチラシ裏面の文章に誤字が多かった物を、今回全て修正するというこだわりっぷり!)がプレゼントされ、イベント参加の良い記念品となりました。

今回、個人的に印象に残った点。それは、イベント終了後の劇場ロビーで、多くの参加者がポストカードやチラシに、ゲストの方々のサインを貰っている姿を見ることが出来たこと。

31年前に観た方も、今回が初の『ロボコップ』体験という若いファンも、皆が同じ様に楽しめる夢の空間が、そこには確実に存在していたのです。

映画『ロボコップ』に人生を捧げた男、ジャンクハンター吉田さん。

ジャンクハンター吉田さんによれば、映画『ロボコップ』の上映権は3月末まで有しているとのこと。そのため今回のイベント上映後も、全国の劇場で上映を希望される所があれば、是非連絡を! とのことでした。

更に、今回インフルエンザや体調不良のために参加出来なかった方が非常に多かったため、是非2回目の『ロボコップ4K版』上映会を開催したい! との宣言も飛び出すなど、まだまだこの熱気は収まりそうにない、そう確信させられた今回の「ロボコップ・コンベンション東京2019」。

残念ながら今回参加出来なかった方も、次回の上映会、もしくはお近くの劇場で上映が実現した際には、是非ご参加を!

(文:滝口アキラ)

関連記事

「ターミネータ-」「T2 3D」に続き「ロボコップ」上映 立川シネマシティの旧作極上爆音上映について聞く。


    ライタープロフィール

    滝口アキラ

    滝口アキラ

    滝口アキラ 映画ライターにしてブルース・リー研究家。主な著書に、「ブルースリー超全集」「俺たちのジャッキーチェン」「俺たちの007」などがある。映画のコミカライズや、日本オリジナル映画主題歌などの、「失われた映画カルチャー」にも造詣が深く、TBSラジオ「ウイークエンドシャッフル」へのゲスト出演、今関あきよし監督作品への声優出演、更には「実際に映画に出演する映画ライター」として、現在「毎月1本必ず映画に出る」をノルマに活動中。その抜群の企画力と、交友関係の広さには定評がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com