バンダイに行ったら、20周年を迎えた“「たまごっち」の今”が面白かった話

「シネマズby松竹」の編集なのに、東映特撮推しが度を超えている大谷です。先日、ついに玩具メーカーのバンダイさんに「仮面ライダー」グッズについての取材が実現しました!

その打ち合わせのなかで、2016年11月に「たまごっち」が20周年を迎え、メモリアルイヤーとして盛り上がっているというお話に、どんぴしゃアラサー世代の筆者は聞き入ってしまいました。

そこで、「たまごっち」をはじめ、女児向け玩具を担当する「ガールズトイ事業部」の木次さんにインタビュー。「たまごっち」の進化に驚くばかりの、興味深いお話を聞くことができました。

──木次さんは、「ガールズトイ事業部」のなかで、どこからどこまでの業務を担当していらっしゃるんですか?

木次:私は企画開発をやっていまして、玩具の企画から、完成して工場から出荷するまでのすべてにかかわっています。アイディアを商品の企画にまとめる部分もそうですし、商品やパッケージのデザインも仕事ですね。事業部としては、他に宣伝担当のプロモーションと、問屋や販売店とのやりとりを担当する営業のチームに分かれています。

──そんなに幅広く担当していらっしゃるんですね。企画チームって、てっきり、企画が固まったら次の担当に引き継いで、そこから現物が作られていくものなのかと…。

木次:やることが多いので大変は大変なんですけど、こうしたら面白いだろうな、と思ったことが、実際に形になるというのはすごくやりがいがありますね。ありきたりですけど、自分が開発したものが売り場に並んだり、それで子供たちが遊んでいるのを見るとうれしいです。イベントでも、知らない子同士のコミュニケーションが生まれていて、世界が広がっていく様子を目にすると感慨深いものがあります。

──私はまさに初代の世代なんですけど、当時は高校生とか大学生とかも持っていて、社会的なブームが起こっていました。今はターゲットの年齢層も結構下がってるんですね。

木次:主としては小学校低〜中学年の子供たちですね。でも幅が広くて、高学年になっても持っていたり、中学生くらいでも兄弟と一緒にやっていたり、という子もいます。あと、今っぽいなと思うのは、SNSで育児日記のように成長を公開している方々もいて、その影響で高校生が友達と一緒に買っちゃった!という話も聞きますね。

20周年施策やプロモーションも行っているのですが、それをきっかけに懐かしがって、もう一度興味を持ってくださる大人の方も多いです。それでインターネットで調べたら、「今ってカラーなんだ!」とか、進化を知ってくださって、そこから再度ハマってくださる方も例年に比べて多いですね。

──スマホゲームをやっている大人とは、親和性もありますよね。しかも懐かしさもありますし。

木次:初代のときに女子高生、女子大生だったという世代が、ちょうど今のターゲットになっている子供たちのお母さん世代なんですね。なので、20周年をきっかけに子供と一緒に遊んでいるという話や、ちょうど社会人になるくらいの第2世代の人たちも、SNSやネットニュースを見て購入したという話も聞きます。

──日本で暮らしている人を中心に、「たまごっち」を知らない人の方が少ないと言っても過言ではないですよね。

木次:「たまごっち」の名前の認知度だったり、形状の認知度だったりはもちろん、「全然買えなかったよね」とか「何色を持ってた」とか、みんな何かしらちょっとした思い出を持っているので、当時一緒に遊んでいなくても、記憶を共有できるアイテムになっていると思います。

──そこで20周年を記念して、初代の復刻版が発売されるそうですね。

木次:2005年に発売した「ちびたまごっち」の復刻版である「かえってきた!ちびたまごっち」を2017年4月に発売しまして、さらに初代の「たまごっち」を復刻したものが11月23日(木)に発売になります。

──今はどのくらいのペースで新作を出されてるんですか?

木次:「たまごっち」は発売からの1996年〜99年、赤外線通信がついた2004〜07年、カラー液晶になった2008年〜現在と世代を大きく3つの世代に分けていまして、2004年からは1〜2年ごとに新作を出しています。第1世代は、数か月おきに新作を出していたときもありますね。

──たしかに、発売するたびに品切れ続出だったので、「友達と同じものが欲しいけど、新作でもいいか」という時代でしたね(笑)。ちなみに、いちばん売れたシリーズを教えてもらうことってできますか?

木次:やはり発売当初ですね。ひとり1個まで、といった制限もかけられるほど人気が出たので。

おそらくですが、友達が持っているのを見て、自分も欲しい、とか仲間に入りたい、という意識が生まれるのかなと思います。前後の世代はそれぞれ互換性があるので、新しい物を持っている子がいると、それが欲しくなりますよね。さらにそれよりも新しいものが出たら、それを買っても一緒に遊ぶことができるので、そういった連鎖はあると思います。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com