劇場版『仮面ライダージオウ』『騎士竜戦隊リュウソウジャー』完成報告イベントレポート

7月15日(月)、東京・六本木ヒルズアリーナにて『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』の完成報告イベントが開催され、劇場版ゲストを含むキャスト17名が登壇した。この日は三連休の最終日ということもあり、会場には多くの親子連れが来場し、かわいらしい声援が飛び交うイベントとなった。

「ジオウ」の集大成に魂込めた

イベントでは、まず『仮面ライダージオウ』『騎士竜戦隊リュウソウジャー』のレギュラーメンバーが登場し、会場からの大きな拍手と歓声に迎えられると、それぞれの映画の見どころについて語った。

まずは『ジオウ』チームから常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ役の奥野壮さんが「ターンしながら手裏剣を避けたりしているので、そこに注目して見ていただきたいです」と、11年間やっていたクラシックバレエの経験を活かした自身のアクションシーンを注目ポイントとして挙げた。ジオウ本編の物語が佳境に入り、撮影が続いているために、まだ完成した映画を観られていないという奥野さんは、「僕たちの集大成というべき映画の撮影に入るにあたって、魂込めてお芝居しようと心に置きながら撮影したので、きっと良いものになっていると思っています」と、映画の出来映えに自信を見せた。

一方、明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ役の押田岳さんは「予告映像に映っていたと思いますが、甲冑を着て色々やっているので前半戦はそこを見て頂けたらと思います」と、自身の甲冑姿を注目して欲しいとアピール。

ツクヨミ役の大幡しえりさんも「戦国時代の着物を着ているところが注目ポイント。アクションもあるので是非見てください」と、同じく戦国時代での着物姿とアクションを見どころに挙げた。

ウォズ/仮面ライダーウォズ役の渡邊圭祐さんが「仮面ライダージオウの『バンバ民』…」と『騎士竜戦隊リュウソウジャー』のバンバ/リュウソウブラック推しの自己紹介すると、すかさず岸田タツヤさんが「ありがとうございます。祝え!」とウォズの決め台詞を返して、会場からは大きな拍手と歓声が上がった。改めて「予告の映像で分かると思いますが、僕、かなり物語をゴチャゴチャさせにきているので、その辺を楽しみながら、僕らの(1年間の)成長も見届けていただけたらうれしいです」と年長者らしいコメントで『ジオウ』チームの見どころをまとめた。

「リュウソウジャー」映画はカッコイイが大渋滞!

続いて、『リュウソウジャー』チームからコウ/リュウソウレッド役の一ノ瀬颯さんが「注目ポイントは限界突破にあると思っています!」と元気よく話し始めるも「6500万年前と現在を行き来するスケールの大きな話の中で・・・???何だ?」と、自分が話そうとしていた内容が一瞬飛んでしまい、アスナ/リュウソウピンク役の尾碕真花さんから「しっかりして!」と笑顔のツッコミを受ける一幕も。

気を取り直して「6500万年前と現在を行き来する壮大なスケールの中で色んな極限に直面したときに、その限界を超えるために新しく見せる表情や新しい一面が見どころです!」と、緊張しつつもコウらしく元気にコメント。会場からは大きな拍手が起こった。完成した映画を観ての感想は「カッコイイが大渋滞してました!映画ならではのスケール、大迫力のバトルシーン、どこを取っても本当に最高にカッコイイので絶対に満足していただけると思う」と、大満足の様子で語った。

メルト/リュウソウブルー役の綱啓永さんは「6500万年前にタイムスリップするということで、沢山の色んな恐竜が出てくるので子供たちは喜んでくれるんじゃないかと思っています。劇場版ならではの大迫力シーンの連続になっていますので、ぜひ楽しみにしていてください」と見どころをアピール。

アスナ/リュウソウピンク役の尾碕真花さんは「見どころは、最初から最後までカッコイイところです!」と、この映画はどこを切り取ってもカッコイイ出来映えであると自信を見せる。

トワ/リュウソウグリーン役の小原唯和さんは「恐竜がいる世界が、多分皆さんの想像以上に綺麗に描かれていると思いますので、恐竜がご飯を食べているところや草原を走り回っているところなどを大きなスクリーンで見て感じて欲しいです」と、6500万年前の世界を描いた映像美を映画ならではの大スクリーンで楽しんで欲しいとコメント。

バンバ/リュウソウブラック役の岸田タツヤさんは、バンバの過去や絆に対する心境の変化にスポットが当てられ、珍しく笑顔を見せるシーンもあった前日7月14日放送の第17話を引き合いに「昨日のオンエアは観ていただけました?(映画でも)あんなシーンがあるかも知れません、お見逃しなく!」と、含みのあるコメントで興味を誘う。

カナロ/リュウソウゴールド役の兵頭功海さんは「さあ、俺との出会いにピリッと運命感じな!」とカナロの決め台詞を披露して会場を盛り上げると「映画の見どころは今5人が沢山言ってくれたように、素敵なところがいっぱいあるので是非劇場でご覧ください!」と、映画ならではのストーリーや映像を映画館の大きなスクリーンで楽しんでほしいとアピール。

龍井うい役の金城茉奈さんも「みなさんこんにちは、ういチャンネルです!」と、劇中での動画配信チャンネルの挨拶でキュートなポーズを決め、会場のあちこちから「かわいい~」の声が上がった。続けて、「今回の映画はみんなの熱い思いがたくさん詰まっています。皆さんの夏の思い出になってくれるようにと願っています」と、自分たちの映画がファンにとっても思い出の作品になるよう願いを込めた。

ゲストから見た今回の映画は?

レギュラーメンバーに続いて、『仮面ライダージオウ』劇場版特別ゲストとしてクリム・スタインベルト役のクリス・ペプラーさん、織田信長役の前野朋哉さん、牛三役の若林時英さん、ジョウゲン/仮面ライダーザモナス役の斉藤秀翼さん、カゲン/仮面ライダーゾンジス役のパパイヤ鈴木さん、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』劇場版特別ゲストとしてユノ役の北原里英さんが登壇。

『仮面ライダードライブ』で“ベルトさん”ことクリム・スタインベルトを演じて以来、久々に仮面ライダーに帰ってきたクリスさんは、その反響について「ヤバイっす!Twitterやっているんですけど、(今回の映画に出演するとツイートして)初めて1万5000“いいね”をもらいました」と、その反響の大きさに喜びをみせつつ、「でも、同じく『仮面ライダードライブ』からこの映画に出演する稲葉くん(詩島剛/仮面ライダーマッハ役の稲葉友さん)のツイートを見たら4万近く“いいね”が付いてて、それを見て『ちくしょう!』と思った自分はちょっと小さいかな(笑)」と、“いいね”の数で負けた悔しさを吐露して会場は爆笑に包まれた。

また、1971年に放送開始した第1作目の『仮面ライダー』の初回からずっと観ている、筋金入りのファンだと語るクリスさんは「シリーズが回を増すごとに新たなキャラクターや新しい武器が出てきて、最後まで楽しませてくれる」と、仮面ライダーシリーズの魅力を語りつつ「ストーリーの中で描かれる絆、仲間を思う気持ちが大事だと思う。自分も演じさせてもらって、(仮面ライダーに携わるみんなが)ファミリーになって、ドラマの中で描かれている友情や絆を実際にも感じることができた素晴らしい作品」と、自身の経験を振り返った。

仮面ライダーの大ファンで、ふたりのお子さんと毎週欠かさず「ジオウ」「リュウソウジャー」を観ているという前野さんは、「まさかのオファーにぶち上がってました。舞い上がっちゃって、妻からは『仕事なんだから調子に乗るんじゃないよ。浮かれないで真面目にやりなさいよ』と言われたんですけど、現場で抑えきれない興奮と、ちゃんとやらなくちゃいけない気持ちで葛藤していました」と、振り返る。これを聞いて奥野さんが「いや、浮かれてました(笑)」と現場での様子を暴露すると、前野さんも「浮かれてたよねー!」と素直に認めて会場の笑いを誘い、「自慢になっちゃうんですけど、ライドウォッチの使い方をゲイツくんとソウゴくんが教えてくれたんです!すごくうれしかった!」と、いまだに興奮冷めやらぬ様子で続けると「あのライドウォッチってスゲー使い古されてるんだよ、知ってた!?最初っからずっと使ってるんだよ」と会場の子供たちにドヤ顔で裏話を披露した。

そんな仮面ライダーが大好きな前野さんはこの日の衣装について「この映画は30代前半にもかなり熱いと思う。今日はそんな30代が子供のころ観ていた『仮面ライダーBLACK RX』の南光太郎のコスプレで来ました」と明かして変身ポーズを決めると、会場の大人たちから大きな拍手と歓声が上がった。

信長に仕える忍者・牛三を演じた若林さんは「牛三の台詞はいかにも忍者っぽく必ず最後に『~ござる』が付くので、そこで感情の起伏を表現しようと思いながら演じていました」と、牛三の役作りについて明かした。忍者としてのアクションシーンについては「アクションはほぼ初めてだったので、ぜんぜんダメでした。でも、かっこよくやり切ったので是非注目して欲しい」と謙遜しながらも自信を垣間見せた。

今回の映画で重要な役どころとなる歴史の管理者・クォーツァーの一人・カゲンを演じるパパイヤ鈴木さんは「僕もクリスさんと一緒で『仮面ライダー』1号から観てるんですよ。だから、もう藤岡弘、さんのつもりで演りました。少し声も真似てるかもしれません」と、初代仮面ライダーである藤岡さんを意識して演じたことを明かした。

2013年には『獣電戦隊キョウリュウジャー』でイアン/キョウリュウブラックを演じ、今回仮面ライダーへの出演を果たした斉藤さんは「スーパー戦隊と仮面ライダー、どちらかひとつの出演でもなかなか叶わないのに、まさかどっちも演らせてもらえるなんて思っていませんでした。僕の演じたザモナスは『仮面ライダーアマゾンズ』をモチーフとしているのですが、谷口賢志さんも『救急戦隊ゴーゴーファイブ』のゴーブルーからライダー(アマゾンアルファ)になりましたので、そういう歴史を受け継げたのは感慨深い。ありがたい経験でした」と、自身が演じた仮面ライダーザモナスが、スーパー戦隊から仮面ライダーという流れの先輩である谷口さんが演じた、『仮面ライダーアマゾンズ』をモチーフにしていることに深い感慨もって映画に望んだことを語った。

6500万年前のリュウソウ族であるユノを演じた北原さんは「リュウソウジャーのみんなはそれぞれのキャラクターそのまま、一生懸命で可愛くてピュアで、撮影期間はすごく楽しかったです。癒されました」と、『リュウソウジャー』キャスト陣との共演を振り返った。続けて、本作でキュンとしたシーンとして岸田さん演じるバンバにお姫様抱っこをされるシーンを挙げ、「バンバさん、大きくて屈強なイメージだったんですけど、実際にお姫様抱っこしてもらったら終始“プルプル”していたので重かったのかしら?と罪悪感を感じています」と、暴露して会場の笑いを誘った。これには岸田さんも困惑した様子を見せながら「正直“プルプル”はしていました。ただ、それは緊張していたんです!決して重かったわけではございません」と必死に釈明した。


    ライタープロフィール

    いぢま (井嶋輝文)

    いぢま (井嶋輝文)

    静岡県浜松市出身、東京都在住。フリーランスシステムエンジニア、ブロガー、ライター、などの肩書きを持つ仮面ライダー大好きオジさん。初めて映画館で観た映画『スターウォーズ』に衝撃を受け、以来SF映画や特撮映画、アクション映画を中心に映画好きになる。但し、恋愛映画とホラー映画はちょっと苦手。個人ブログ『Knowledge Colors』では映画以外の話題も発信中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com