P.A.R.T.Y.は終わらない!?『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』公開記念舞台挨拶

7月28日(日)、『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』の公開を記念して東京・丸の内TOEIで舞台挨拶が行われた。舞台挨拶にはレギュラーキャストの奥野壮さん、押田岳さん、大幡しえりさん、渡邊圭祐さん、劇場版ゲストで主題歌も担当されたDA PUMPのメンバー、そして本作のメガホンをとった田﨑竜太監督が登壇。

映画を観た各地のファンの反応に大満足

公開初日から舞台挨拶などで各地を巡っているレギュラーキャストたち。奥野さんは「皆さんいい反応をしてくださって、安心しました。自信作の公開とはいえ不安な部分はあったので、そうしたファンの皆さんの声を聞けるのは本当にうれしいです」と、各地のファンの盛り上がりに喜びの気持ちを表した。

同じく、押田さんも「皆さん、本当に温かく迎えてくださって感謝しています。僕たちもこのファンの皆さんの笑顔を見るために頑張ってきてよかったなあと思っています。ありがとうございます!」と感謝の気持ちを語り、会場からは大きな拍手が起こった。

続くツクヨミ役の大幡しえりさんは「みんな『面白かった!』とか『最高!』とか言ってくれて、すごくうれしかったです!」と、素直な喜びを表した。

渡邊さんは「こんなに愛される作品に携われ、作品を作り上げる事が出来て本当にうれしく思います」と、喜びを語り、上映後の舞台挨拶という事で「皆さん、楽しかったですか?」と客席に問い掛けると、会場からは大きな拍手と歓声が返された。

映画を観たDA PUMPの反応は?

レギュラーキャストに続いて、劇場版特別ゲストのDA PUMPが自ら担当した本作の主題歌『P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~』が流れるステージに登場。曲に合わせて踊りながらの登場に会場は一気にヒートアップ。

U-YEAHさんは完成した映画を観ての感想を「今日に至るまで本当に不安でしょうがなかったんですが、そんな不安を見事に打ち砕くような作品だった。(本作に携われた事を)すごく光栄に思います」と、神妙な面持ちで語りつつ、「実は僕、とあるライダーの大ファンでございまして…」と、続けるとISSAさんから「変身しない方な。『どぅえぇーい!』の方だろう?」と、本作のサプライズゲストを示唆するツッコミが入って、映画を観終わったばかりの会場からは笑いが起こった。

お芝居の経験が殆どなかったというKIMIさんは「僕は、ほぼ初という事で、台詞も…でも案外(自分の演技が)よかったなと思いました」と、自画自賛のコメントで会場の笑いを誘う。これに対してISSAさんが「お前!」と、調子に乗った発言をとがめるのかと思いきや「結構よかったよ」と、まさかの賛辞でさらに会場を盛り上げた。

YORIさんは「CGが結構使われていて、台本を見た時にはなかなかイメージ出来なかった。完成した映画を観てようやく、こうなるんだっていうのが分かって感動しました」と、CGによって撮影現場とは違う迫力ある映像になったシーンを振り返り、目を輝かせていた。

U-YEAHさんと同じく“あの”ライダーのファンだというTOMOさんは「久々に“あの”効果音を聞いた。そこのインパクトが強すぎて、最後にソウゴがその効果音を受け継ぐという粋な演出が素晴らしかった」と続けると、ISSAさんからは「本編のもっと濃い話をせい!」とツッコミが入り、田﨑監督からも「東映なので、あの効果音は本家本元のやつですよ」ツッコミが入って会場は爆笑の渦に。

KENZOさんは「観てると映画の中に吸い込まれるような感じがしました」と、興奮を抑えながら話し始めるも「小学生に戻った感じでみんなで観てたんですけど、〇〇さんが出てくると…」と、うっかりサプライズゲストの役名を口走ってしまい、ISSAさんから「言っちゃったよ!ついに。言わないようにしてたのに!」と苦情のようなツッコミが入って会場は大爆笑。奥野さんからは「上映後だから大丈夫」とフォローが入ってほっと一安心といった様子だった。

仮面ライダー映画はあまり観たことがなかったというDAICHIさんは「まるでハリウッド映画を観ているかのようなアクションの連続にすごくワクワクして、子供に戻った気分でした。仮面ライダー映画を初めて観るお客さんも本当に楽しめる映画だと思います」と、目を輝かせて語った。

テレビシリーズ『 仮面ライダー555 』や『仮面ライダージオウ』などの主題歌を担当、映画『仮面ライダー THE FIRST』ではショッカー幹部のひとりを演じるなど、仮面ライダー作品にも関わりが深く、大の仮面ライダー好きでも知られるISSAさんは「いろんな思いが詰まっているので、話し始めたら止まらなくなります。(完成した映画を観たら)ヤバかった。また今日も涙してしまいました」と、本作への強い思い入れを語る。

これを受け、田崎監督が「みなさんご存知だと思いますが、平成仮面ライダーは幾度となくISSAさんのお力を借りてるんです。平成仮面ライダーを締めくくるラスボスとしてこれ以上ふさわしい人はいないと思います」と続け、会場からは大きな拍手が起こった。

1年を振り返って

奥野さんはここまでの約1年を振り返り「この4人だからこそ、辛いことも苦しいことも一緒に乗り越えてこられた。毎日の撮影が楽しかったのも、この4人がメインキャストだったおかげだと思う。ここまで一緒にやってこられて本当によかったと思っています」とコメント。

押田さんは「多分、ぼくの人生の中で一番濃く関わった3人です。タイムジャッカー役の3人も含め、本当にだいじな存在になってくれた方たちなので、多分この先も関わっていくと思いますし、この関係をほんとうに大事にしていきたいと思います」と語って、会場から大きな拍手が起こった。

大幡さんも「初めのころは女性の出演者は私だけだったので、仲良くなれるか不安な思いで撮影に臨んだです。でも、3人ともすごく優しくて、毎日の撮影がすごく楽しみになりました。この3人と一緒に1年間やってこられて本当によかったと思っています」と振り返り、会場から大きな拍手が送られた。

渡邊さんは「この『ジオウ』という作品はレジェンドライダーの皆さんや豪華なゲストの方々が出てくれて、そうした中で1年間やってこられたのは、この3人がいたからこそ。すごくいい関係を築きながら1年間走ってこられた。こんなにも愛される事ができたのは、この3人とやってきたからだと思う」と、レギュラーメンバーへの感謝の気持ちを語って、会場から大きな拍手が送られていた。

田﨑監督は「『ジオウ』というシリーズが宿命的に持っているのは、毎回レジェンドの方たち、(平成仮面ライダーシリーズの)卒業生たちが出てくるということ。あくまでレギュラーキャストたちが主役で、卒業生たちはゲストですから画面の中で彼らに負けてはいけない。自分たちより経験値の高い人たちと戦っていかなくてはいけない1年間を戦い抜いて、最後の最後にISSAさんとの対決ができるチカラができたと思う」と、レギュラーメンバーを讃えた。

平成最後のラスボスとバイーンダンス

ISSAさんは歴史の管理者・クォーツァーの役作りについて「こだわりを1回全部捨てました。玉座に座ったときに初めて完成したんじゃないかなあと思う。事前に役作りなどは考えず、みんなの衣装や周りの雰囲気を見て、この映画の世界観というものを感じて僕の役が出来上がった」と明かした。また、片足を立てた特徴的な玉座の座り方については「最初は普通に座ってたんですけど、この椅子座りにくいなあと思って足を上げたら、監督から『それでいこう』って言われて、あのシーンになってます」と、無意識にとった姿勢がそのまま採用された事を明かした。これについて田﨑監督は「あの座り方が、やたらかっこよかったんですよね〜」と、大絶賛。

また、ISSAさんは今回の映画で念願だった仮面ライダーへの変身を果たしたという事で、その変身ポーズを披露し、会場からひときわ大きな拍手と歓声が上がっていた。

さらに、イベント終盤のマスコミ向けフォトセッションでは、本作の主題歌『P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~』の振り付けのひとつである『バイーンダンス』が話題になっているということで、その振り付けをTOMOさんが指導して『バイーン』のポーズで撮影された。

120%出し切った映画を何度も観て令和へ行こう

田﨑監督はこの映画への思いを「『仮面ライダー』だけがヒーロー番組なのに時代を冠にすることを許されていて、それに対しての皆さんへの感謝や『平成』という時代への感謝を込め、そして平成という時代が終わって令和へ行くというつもりで作りました。SNSなどでもそうした思いを受けたファンの言葉が見ることができて本当にうれしい。平成のあいだ、いつも『仮面ライダー』を横にいさせてくれてありがとうございます!」と、感謝の気持ちを語った。

最後に、キャストを代表してISSAさんが「『クウガ』から始まり、ずっと観てきた平成仮面ライダー作品の中で、それぞれの時代を駆け巡る『ジオウ』という作品が平成最後にふさわしかったと思う。平成のライダー史が一気に凝縮された映画でもあるし、今の技術がこんなにもすごいんだと圧倒される映画。メインのキャストの皆さんが頑張ってきた集大成でもあり、すごく素敵な映画になっていますので、皆さん1回と言わず、2〜3回、4〜5回と、回を重ねていただいて、それぞれの楽しみ方で観て欲しいです!」と、リピート視聴を呼びかけた。

続いて、奥野さんが「僕たちが1年間培ってきたものを120%出し切って撮影した映画なので僕たちの『ジオウ』らしさが出ていると思う。こんなに素敵なメインキャストのみんなと監督、素敵なゲストの皆さん、たくさんの方に支えられてこの映画が作られている。僕たちが必死に一生懸命撮ったこの作品を皆さんの前にお届けできて本当にうれしいです。また観たいなあと思ったらいつでも劇場に遊びに来てください!」と、元気よく呼びかけてイベントが締めくくられた。

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』『騎士竜戦隊リュウソウジャーTHE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』は全国で上映中。

(写真・取材・文:いぢま。)


    ライタープロフィール

    いぢま (井嶋輝文)

    いぢま (井嶋輝文)

    静岡県浜松市出身、東京都在住。フリーランスシステムエンジニア、ブロガー、ライター、などの肩書きを持つ仮面ライダー大好きオジさん。初めて映画館で観た映画『スターウォーズ』に衝撃を受け、以来SF映画や特撮映画、アクション映画を中心に映画好きになる。但し、恋愛映画とホラー映画はちょっと苦手。個人ブログ『Knowledge Colors』では映画以外の話題も発信中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com