『あやしい彼女』撮影で昭和の名曲を熱唱する多部未華子にスタッフ感動

韓国で観客動員約865万人、興行収入約62億7000万円を記録した『怪しい彼女』を水田伸生監督、多部未華子主演でリメイクした映画『あやしい彼女』(2016年4月1日公開)の撮影現場取材が都内のスタジオにて行われ、主演の多部、要潤、北村匠海、メガホンをとった水田伸生監督が取材に応じた。

01

この日撮影されたのは、節子率いるバンド・怪しい彼女が歌番組に生出演するシーン。リアルなセットと複数のカメラの前で、多部は「ザ・フォーク・クルセダーズ」の大ヒット曲「悲しくてやりきれない」を熱唱する姿を披露。どこか悲しげで切ない表情を浮かべながら歌い、自然に涙する多部の姿に、現場スタッフから感嘆の声があがった。

02

03

本作は、周囲から煙たがられる73歳のカツ(倍賞美津子)が主人公。ふと目にした写真館で写真を撮り店を出ると、20歳のころの容姿に戻っていたカツは、大鳥節子(多部)と名乗るようになり、失われた青春を取り戻そうと新生活を始める。ある日、商店街で開かれたのど自慢大会で得意の昭和歌謡を熱唱し、会場中を魅了したカツは、歌手になるというかつての夢を追いかけ始める…。

    ピックアップ

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • じぇみじぇみ子
    • 宮本和彦
    • あかめ
    • apopo
    • 黒宮丈治
    • しましま

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo