『フランス映画祭2015』の開催が決定!全12本の豊富な作品郡を上映

フランスの最新映画を日本に紹介する『フランス映画祭2015』が東京・有楽町で開催されることが決定した。期間は2015年6月26日(金)~29(日)、会場は有楽町朝日ホールとTOHOシネマズ日劇の2カ所となっている。

オープニングはフランスで大ヒットした感動作

La Famille Bélier
(C)2014–Jerico –Mars Films –France 2 Cinema–Quarante 12 Films–Vendome Production–Nexus Factory –Umedia

オープニング作品は『La Famille Bélier(原題)』

聴覚障害者の家族の中で、唯一の健常者であり家族の通訳を務める長女が、歌の才能に目覚め、歌手への夢と家族への想いの葛藤を描いた感動作。フランス本国では700万人を動員した大ヒット作だ。

映画祭会期中には本作のエリック・ラルティゴ監督と主演のルアンヌ・エメラさんに加え、多数のゲストの来日が予定されている。

またオープニング作品の他にも、親友の夫が抱える秘密を知ってしまい葛藤する女性を描いたフランソワ・オゾン監督の新作『Une nouvelle amie(原題)』や、マリ共和国の古都でイスラム過激派の弾圧に苦しみながらも真摯に闘う父娘を描いたアブデラマン・シサコ監督の感動作『Timbuktu(原題)』の上映も決定している。全12本のバラエティ豊かな作品ラインナップは随時発表されていく予定。

本国フランスをはじめ多くの国で高い評価を受けている良質のフランス映画。これを機会に新たな楽しみを見つけてみてはいかがだろうか。

関連リンク

本広克行・岩井俊二らも登壇!映画だけじゃない映画祭『神戸三宮映画祭』開催決定
菊地凛子の『ラスト・サマー』など上映|イタリア映画祭2015開催日決定
自然の中で楽しむ映画フェス『夜空と交差する森の映画祭2015』開催決定
涙腺崩壊!カンヌ映画祭受賞の話題作『Mommy/マミー』が全国公開決定
秋刀魚の味、ローマの休日…邦洋の名作を劇場で『新・午前十時の映画祭』開催

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 東京散歩ぽ
    • ヒナタカ
    • Yamazaki
    • 大川竜弥
    • kamito努
    • 猫ライター(コロン)

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo