宮沢りえ&杉咲花の出演が決定!中野量太監督最新作『湯を沸かすほどの熱い愛』

2016年秋に公開予定の中野量太監督の最新作『湯を沸かすほどの熱い愛』に、宮沢りえと杉咲花が出演することが明らかになった。

本作は、ベルリン国際映画祭に出品した自主映画『チチを撮りに』などが高く評価された中野量太監督の商業映画、長編デビュー作。

死ぬまでにやっておくべき4つのこと…

会う人すべてを大きな母性で包む”おかあちゃん”こと双葉。双葉は、ある日突然余命宣告を受け、死ぬまでにやっておくべき4つのことを実現すべく”終活”を開始する。失踪した夫を連れ帰り休業していた家業の銭湯を再開させること、気の弱い娘を独り立ちさせること、娘をある人に会わせること、そして最後の1つは誰も知らない双葉だけの秘密――

宮沢りえ

映画『紙の月』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した宮沢りえが、本作では破天荒な”おかあちゃん”を演じる。

宮沢りえは「中野監督の想いの込もった脚本に私の心も沸かされました。そして、素敵な共演者の方々と、この作品に携われる喜びをガソリンにし、タイトルに負けないくらい燃え尽きたいと思います」と意欲をみせる。

杉咲花

また、双葉の娘・安澄役に、今注目の若手女優・杉咲花が決まった。

杉咲花は「脚本を読みながら、“おかあちゃん”のセリフがどんどん、りえさんの声として身体に響いてきました。素敵なおかあちゃんの娘になることができて、光栄に思います」と語っている。

中野量太監督は「”生”を描きたいから”死”を描きます。人は1人じゃ生きていけないと思うから”家族”を描きます。誰もが感じ得るテーマを、独自の視点と感性で、唯一無二の映画にしたいと思っています」と本作にかける思いをコメントしている。

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』は2016年秋に全国公開予定。

関連リンク

初回限定でミニ台本も!宮沢りえ主演『紙の月』のBD&DVD発売
松永監督“杉咲花の一番いい瞬間を撮れた”『トイレのピエタ』公開前夜祭トークショー
涼介とFCが劇場で待つ!新劇場版『頭文字D』第3章ビジュアル解禁!
映画『この世界の片隅に』2016年秋公開決定!クラウドファンディング達成で
牧野つくし役はオーディション!『花より男子』ミュージカル16年1月上演決定

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 川口裕樹
    • 東京散歩ぽ
    • hosohana
    • 久保田和馬
    • firstserver
    • 大谷和美

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo