名作文学の映画を堪能―企画展『映画が恋した世界の文学』が鎌倉市で開催中

神奈川県にある鎌倉市川喜多映画記念館で、世界の名作文学を映画化した作品のポスター展示や、それらの作品上映をおこなう企画展『映画が恋した世界の文学』が開催されている。

美しいヒロインたちに彩られた外国映画のポスターの数々

鎌倉市川喜多映画記念館で現在行われている『映画が恋した世界の文学』は、シェイクスピア、ドストエフスキーからA・クリスティ、S・キングまで数々の世界の名作文学を原作に映画化されたものを、ポスター資料の展示と映画上映で振り返ることができる企画展。「昔読んだあの小説の映画を久しぶりに見てみよう」「好きだった映画の原作に挑戦してみよう」という気持ちを思い出させてくれるものとなっている。

期間中は美しいヒロイン、当時の美しきポスターの展示や、展示作品を中心とした名画の上映がおこなわれる。また、作家で詩人の池澤夏樹によるトークイベントや、『第三の男』にちなんだチターの演奏会など関連イベントも実施される予定となっている。

[企画展] 映画が恋した世界の文学

映画が恋した世界の文学 倉市川喜多映画記念館

期間:2015年12月18日(金)〜2016年3月13日(日)
会場:鎌倉市川喜多映画記念館(神奈川県鎌倉市雪ノ下 2-2-12)
上映予定作品:『ウエスト・サイド物語』『昼下りの情事』『パルムの僧院』『赤と黒』『エデンの東』『復活』『さよならをもう一度』『太陽がいっぱい』『嵐が丘』『第三の男』『愛を読むひと』『ボヴァリー夫人とパン屋』『ドストエフスキーと愛に生きる』

トークイベント「映画は文学を変える」

日時:2016年2月20日(土)14:00開演
登壇:池澤夏樹

早春の調べ「ハリー・ライム」のテーマとともに

日時:2016年3月5日(土)14時開演
ゲスト:内藤敏子(チター奏者)

ウェブサイト:http://www.kamakura-kawakita.org/

関連リンク

美しき名女優の写真と鎌倉の麗しき時間。鎌倉市川喜多映画記念館・早田雄二展レポ
私と映画Vol.1 「丸橋全人歯科 丸橋賢院長の根底を支えるあのセリフ」[PR]
『約束』『旅の重さ』と、斎藤耕一監督の70年代を代表する名作が続々BD化!
梶芽衣子さん登場にファン大喜び!鬼平バスツアーに参加してきた

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 岡部照将
    • 大川竜弥
    • なぎさ
    • 東京散歩ぽ
    • 砂流恵介
    • 奥浜レイラ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo