富野由悠季監督が全否定?!『機動戦士Vガンダム』Blu-ray版で発売

1993年4月~1994年3月に放映されたアニメ『機動戦士Vガンダム』が、ニューマスターポジフィルムによるHDテレシネ&HDリマスターのBlu-ray Boxで発売されることになった。

富野由悠季監督が贈るテレビシリーズ最後の”宇宙世紀”ガンダム

機動戦士Vガンダム Blu-ray Box「ガンダム」テレビシリーズの第4作目にして、富野由悠季監督による宇宙世紀の『ガンダム』テレビシリーズとしては、現在のところ最後の作品となっている『機動戦士Vガンダム』。
この作品は、それまでよりも年齢の若い13歳の少年・ウッソ・エヴィンが主人公となっており、ヴィクトリーガンダムの操縦者となったウッソがさまざま経験をして成長していく姿を描いている。

「全否定したい」という冨野監督。その理由は?

この作品のBlu-ray化にあたって、冨野由悠季監督は以下のようにコメントしている。

この作品は全否定したいと思っているものです。このような結果になったのは、全て監督の責任です。何かの間違いでこのBlu-rayで見た方は『機動戦士Vガンダム』の何がダメなのかを探してみてください。そこから気付ける人がひとりでもいらっしゃればBlu-rayとして出した意味があると思っています」(※機動戦士Vガンダム公式ウェブより)

リアルな戦争ドラマを描いた作品が多いガンダムシリーズだが、その中でも、特に『Vガンダム』は死者が多く、さらに残酷な描写が少なくはないため、問題作といわれることが多い作品だが、ガンダムの産みの親たる冨野監督がここまでも否定をする理由は果たして何なのだろうか?

『機動戦士Vガンダム』のBlu-ray Box Ⅰ(テレビシリーズ第1話~第26話を収録)は、2015年7月24日(金)、Blu-ray Box Ⅱ(テレビシリーズ第27話~第51話を収録)は、9月25日(金)にそれぞれ発売予定。価格はいずれも34,000円(税抜)で、2016年9月24日までの期間限定生産となっている。

冨野監督のコメントが気になるファンは、こちらのBlu-Rayを要チェックだ。

機動戦士Vガンダム公式web

ピックアップ

新着記事

言語を選択

私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
金曜映画ナビ
八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
能條愛未の「乃木坂週刊映画」
スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
antenna

人気記事ランキング

シネマズ公式ライター

  • 朝井麻由美
  • 田下愛
  • 川口裕樹
  • 増當竜也
  • アスカ
  • カツセマサヒコ

シネマズ公式チャンネル

教えて goo

情報提供元:教えて goo