イベントレポ 『ホットロード』製作報告で主題歌に尾崎豊「OH MY LITTLE GIRL」発表♪

紡木たく氏原作の80年代“伝説的”少女漫画の映画化が話題の映画『ホットロード』製作報告会見が行われ、8月16日(土)公開が発表されるとともに、なんと!映画主題歌に尾崎 豊さんの名曲「OH MY LITTLE GIRL」決定が公表♪

8月16日(土)全国ロードショー 映画『ホットロード』オフィシャルサイト

『ホットロード』製作報告

会見には、主演の能年玲奈さん、春山洋志役で映画“初”挑戦となる「三代目J Soul Brothers」の登坂広臣さん、そして、三木孝浩監督が揃ってご登壇。映画の完成向けて、作品への思いや撮影エピソーなどをたっぷり語って頂きました~。

誰からも必要とされていないのではないかと、心に傷を持つ14歳の少女「宮市和希」役 – 能年玲奈さん
「こんにちは…今日はお越しいただいてありがとうございます。能年玲奈です、よろしくお願いします。」

孤独に生きる不良少年「春山洋志」役 – 登坂広臣さん
「お忙しい中ありがとうございます、春山洋志を演じました登坂広臣です。今日はよろしくお願いします!」

作品について

『ホットロード』製作報告能年さん:「原作を読んで、作品全体に流れる空気がすごくキレイだなぁと思いました。主人公の和希がすごく可愛らしい女の子で…頑張らなきゃって気合が入りました♪私が和希と同じ14歳の時は…友達と後輩とバンドを組んで演奏していました。それにずっと打ち込んでいたので、楽しい14歳だったなと思います。」
「この撮影で、はじめて髪を薄く…いや、明るくしたんです(笑)。作品に和希として出るにあたって、観ていただく方にどう感じていただけるのかな?っていう思いでした。」「(「とても良かったですよ!」との声に)ありがとうございます♪」」

『ホットロード』製作報告登坂さん:「僕も原作を読んで、すごくファンになったんです!命の尊さや、家族や恋人、友人の愛だったり、人間としての飢えを強く感じました。じっくり読み込んだので、原作の絵を見ていると湘南の美しい景色が思い浮かんでくるんです。この作品に参加させてもらって本当に幸せだな、と感じましたね。」
「春山は、原作を愛している皆さんが、きっと長い間大事にされてきたキャラクター。不器用ながらまっすぐぶつかっていったり、言いたいことをうまく言えず、不器用ながら頑張る姿に自分と共通する部分をけっこう感じます。うまく自分らしい形で演じられたらという思いで頑張りました。」
「僕もバイクが好きで、昔よく乗っていたりしたので。こうやってバイクに乗る役をできたのも嬉しかったですね!」

『ホットロード』製作報告三木監督:「80年代“伝説的”な原作の映画化というプレッシャーは、すごく感じていましたね。原作を読んで、時代に関係なく10代の子供たちが抱えている悩みだったり、自身の存在意義への葛藤だったり、この“愛を知る”物語というのは、いつの時代にも伝わる物語だと思うんです。」
「連載当時、和樹や春山と同じ年齢だった世代の皆さんが親になって、その子供たちが彼らと同じ年代になっている。そんな今だからこそ、この作品を映画化する意味があるんじゃないか。そう思ったら、すごくやりがいを感じましたね!」

主題歌が尾崎豊さん「OH MY LITTLE GIRL」に決定して

能年さん:「すごくステキな曲で…こんなステキな曲が主題歌に選ばれるなんて、とても嬉しいな!って思いました。」

登坂さん:「「ホットロード」の世界観にピッタリですよね!」
「僕はふだんは歌い手として活動させてもらっているので、もちろん尾崎さんの曲をいつも聞いて育ってきた部分がたくさんある。カラオケなんかでは必ず尾崎さんの曲を…それこそ、この「OH MY LITTLE GIRL」を歌います!」
「今でも多くの方に愛され続けていて、自分がとても影響を受けた尾崎さんの楽曲が初出演する映画の主題歌になるなんてとても光栄なことだと思います。自分にとって、すごく大切な曲になったと改めて感じましたね。」

『ホットロード』製作報告

撮影の感想

能年さん:「今回の撮影は12月に行われたので、すごく寒い日があって…その日に夏の衣装でアイスを食べるシーンがあっったんです。その時、おいしくてアイスをたくさん食べてしまい…後で寒くてしょうがなくなっちゃいました。いっぱい食べちゃったので、程々にしないとなってちょっと反省しました♪」

登坂さん:「本当に真冬の撮影で!僕も真冬の江ノ島で、Tシャツ一枚で色々なことをやっていたので…やっぱり寒かったですね。」
「僕は今回はじめての映画で、芝居も撮影も初めてだったので、本当に不安なまま撮影に入っていったんです。でも監督やスタッフの方々、共演者の皆さんが本当に温かい空気を作ってくださって。おかげですごく安心して撮影に入ることができましたね」

能年さん:「私は口下手で人付き合いが得意な方ではないんですが…登坂さんがとても現場を明るくしてくれて、すごく助かったなと思っています。そのおかげで私は閉じこもって(笑)…役に集中して、打ちこむことができたんです。ありがとうございました♪」

登坂さん:「とんでもないです!」
「それまで原作を沢山読んで撮影に入ったんで、撮影で初めて能年さんと一緒になった時から「あ!和希だ」って思ってました。原作の和希が、本当にそこにいるような印象を撮影中ずっと感じていましたね。」

『ホットロード』製作報告三木監督:「この作品は、ずっと映画化が熱望されてきたんです。でも、紡木たく先生がとても作品を大事にされていて、なかなかイメージに合う映画化ができなかった。今回、紡木先生が「能年さんと登坂さん。この二人の和希と春山だったら、見てみたい」と仰られたことがきっかけで、このキャスティングが実現したんです。」
「今このタイミングで、この二人がキャスティングされる事にすごく意味があるなって思いましたね。この作品の企画が立ち上がった1年位前には、まだ二人とも“まっさらな”状態だった。そのまっさらな二人だからこそ演じられる和希と春山を、僕も「見てみたい!」って思ったんです。」

能年さんについて

「能年さんは、「あまちゃん」で大活躍されて、“明るくて、元気で、快活な”イメージが皆さんに受け入れられていると思うんです。けど、和希を演じるにあたって、内に秘めた“深さ”というか…実は影のある役をやった時にこそ魅力を放つ女優さんだと思いましたね。内に秘めた清廉さというか…その“深さ”と“冷たさ”と“静けさ”が、和希というキャラクターにピッタリだったんです。」

登坂さんについて

「まずは、この役を引き受けてくれた事自体がスゴイ!と思いましたね。やっぱり演技も初体験で、初めての世界に飛び込んでくれる“度胸”が本当に素晴らしい。」
「外見的にエッジが立っている部分や鋭さではなくて、登坂くん自身が持っている“しなやかさ”や“柔らかさ”“優しさ”というのが、春山というキャラクターにすごくシンクロしている…それを紡木先生も見出されたんだと思うんです。」

紡木たく先生がお二人を選ばれたと聞いて

『ホットロード』製作報告能年さん:「イチ役者として、選んでいただけることはすごく嬉しいことだと思いました…嬉しいです♪」

登坂さん:「僕は、まさか自分にこんなお話がいただけるなんて思ってなかったんで、すごくビックリしました!自分の中で「どうして自分だったんだろう?」って考えながら原作を読んでみたりしたんです。」
「紡木先生が自分を選んでくれたのは、役を演じている自分ではなく、普段の自分を見て春山とリンクする何かを感じられたのだと信じて。この役を“自分らしく”自然にできるかということを常に心がけて作品に入ろうって思いました。」

最後にファンの皆さんに向けてひと言!

三木監督:「もちろん“青春ラブストーリー”でもあるんですが。孤独な魂同士が出会って、愛を知り、自分が求めていったものを見出して、そして“愛”に向き合っていく…これは「再生の物語」だと思っています。だから今「ホットロード」を映画化するからこそ、ぜひ親子で観て欲しい作品だと本当に強く思っています。」

登坂さん:「原作をリアルタムで読んでいた方はもちろん、中高生の皆さんにも観てもらいたいですね。若い子達が観ても、この作品が訴える“人に対する愛や大事さ”や“命の尊さ”はきっと伝わると思う。ぜひ幅広い皆さんに観ていただきたいと思います!」
「僕自身、本当にこの作品に特別な思いがあります!監督を始めスタッフの皆さん、役者の皆さんが精一杯心をこめて作った作品なので、ぜひ多くの方々に見ていただければと思っています。」

『ホットロード』製作報告
能年さん:「動いている私は、久々だったと思うんですが(笑)。もちろん原作ファンの方々にも観ていただきたいんですが…私の事を好きになってくれた皆さんに観て頂きたい…とにかく必死で頑張ったので、少しでも気になる方はぜひ劇場にお越しください。よろしくお願いします♪」

映画「ホットロード」は、8月16日(土)から全国公開!皆さま応援よろしくお願いいたします♪

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 大場ミミコ
    • hosohana
    • 田下愛
    • 茅ヶ崎の竜さん
    • 猫ライター(コロン)
    • とみだ嬢

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo