D-BOYS・山田裕貴が憧れの高岡奏輔とのエピソードも語った『闇金ドッグス』初日舞台挨拶

闇金ドッグス 初日舞台挨拶
(左から、土屋哲彦監督、冨手麻妙、高岡奏輔、山田裕貴、津田寛治、青木玄徳)

2015年8月1日(土)、新宿武蔵野館で映画『闇金ドッグス』の公開初日舞台挨拶が行われました。

今作はヤンキーアクション映画『ガチバン』シリーズのスピンオフ作品で、ヤクザの安藤忠臣(山田裕貴)に焦点を当て、闇金をテーマにした映画です。

組長になったもののヤクザから足を洗い、すべてを失ったことをきっかけに闇金の世界に足を踏み入れた安藤。安藤の前には、地下アイドルやオタクのニート青年、悪徳社長などそれぞれの欲望を持った人間が現れ、金と暴力にまみれた闇金の世界で生きる安藤の生き様が描かれます。

主演の山田裕貴さんは「安藤を演じるのは3作目。ヤクザの下っ端から若頭になり、若くして組長にまでなったけど『え?組長やめちゃうの?』っていうところから始まる映画です。僕は明るい役を演じることが多かったけど、安藤はちょっと悪くてトーンが暗い役で、そういう役の方がしっくりくるようになってきた気がします。芝居の幅を広げてくれた役なので、また演じられることがうれしいです」と安藤を演じた感想を交えて作品を紹介。

闇金ドッグス 初日舞台挨拶 津田寛治

芸能プロダクションの悪徳社長・沢村を演じる津田寛治さんは「楽しくすっきり見られる映画ではないですが、どろどろした痛々しいだけの映画ではないと思っています。役者陣が熱い芝居で頑張っているので、しっかりと網膜に焼き付けて欲しいです」とアピールしました。

    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 田下愛
    • 大川竜弥
    • じぇみじぇみ子
    • とみだ嬢
    • 廣田喜昭

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo