『ゴーストバスターズ』を観る前に知ってほしい10のこと これを読めばもっと楽しめる!

ゴーストバスターズ

映画『ゴーストバスターズ』が8月11日(木・祝)〜14日(金)に先行公開、8月19日(金)より本公開されます。ここでは試写会で先に本作を観た記者が、より楽しむための方法をお伝えします。ネタバレはありません!

1.予告編の時点では不評だったけど、いざ公開されてみると好評だった!

本作『ゴーストバスターズ』は、YouTubeの予告編が本国でブーイングの嵐になったことも話題になりました。

「“4人の科学者”とあるけど、オリジナル版(1984年の第1作)の4人のうちひとりは科学者じゃないよ」「ギャグがかみ合っていない気がする」といったまっとうな意見もあるものの、中には「なぜ女性でリブート(やり直し)なんかするんだ!」「おばさんばっかりで、キュートな若い女性が出ていないじゃないか!」というコメントもあります。

実際に映画を観た自分からすれば「いやいや、これは女性で描くことに意味があったんだよ!」「おばさんばっかりって、オリジナル版もさえないおっさんばかりだっただろ!」「ギャグもおもしろかったよ!」と反論を唱えたくてしかたがない。何より「映画本編を観ないとわからないだろ!」と言いたいのです。
(この事前の悪評は、女性差別主義者のコメントにも起因した、アメリカ本国での女性嫌悪運動に本作が巻き込まれたせいもあるのだとか)。

この『ゴーストバスターズ』へのやっかみは、映画批評サイトのIMDbにまで発展。公開日前にもかかわらず、最低点の“0点”の評価をしている者が4500人以上に膨れ上がり、全体の50%を超えるという異常事態になりました(現在は0点評価をつけている者は28%ほどに落ち着いている)。つまり、映画を観ていないのに低評価をする不届き者ばかりで、評価が当てにならないのです!

そんなふうに、公開前に理不尽な差別と低評価に苦しめられた本作ですが、映画批評サイトのRotten Tomatoesでは公開後に75%前後の“フレッシュ”評価になり安定しています。批評家の反応は「うまくオリジナルの設定を女性主人公たちに落とし込んでいる」「コメディ、SF、ホラーのバランスがよく、この夏にオススメのエンターテインメントだ!」などと好評なのです。

自分も試写で観たとき、「めちゃくちゃ楽しいじゃん!」「映画は観なければわからない!」「映画本編を観ていないのに作品を評価するな!」ということを強く思った作品でした。

断言します。予告で不安に思っている方は、心配する必要は微塵もない!と。

2.本作は楽しい!楽しい!とにかく楽しい!

本作で何より見応えがあるのは、タイトルどおりのゴーストをバスターしまくるアクションの数々!
オリジナル版は、1984年という時代相応の(よい意味でチープな)ゴースト退治のガジェットが登場していましたが、今回は最新の映像技術によりその迫力が大幅にアップ! つぎつぎにワクワクする画がこれでもかと登場するのでたまりません。

ただガジェットが進化しただけでなく、そのアイデアも秀逸。とくにライブ会場でのギミックは大いに笑い、また驚けるのではないでしょうか。

なお、これでも中盤までのアクションはまだまだ“小出し”。クライマックスには「幸せ!超幸せ!」と思えるすんばらしい画が登場しまくるので、ぜひ楽しみにしましょう。
「30年前のあのガジェットがここまで進化しているなんて!」という喜びもたっぷりなので、オリジナル版が好きであればもう感涙ものでしょう。

3.オリジナル版『ゴーストバスターズ』を観ておく必要はある?

結論から言えば、オリジナル版『ゴーストバスターズ』および『ゴーストバスターズ2』を観ていなくても、本作はまったく問題なく楽しめます。
“人生がうまくいっていない系の女性4人が、ゴースト退治で大活躍!”という単純明快な娯楽作であり、小難しさもないのですから。

しかし、前述の通りガジェットはかなり進化していますし、過去作を観ているとうれしい“小ネタ”も満載だったりします。
主人公たちがオリジナル版のキャラそれぞれに当てはまるという人物配置も楽しいですし、◯◯や◯◯や◯◯まで登場する……ってこれはネタバレだから書けない! 試写会ではこのネタが出てきたとき、往年のファンと思われる方から歓喜まじりの笑い声が聞こえてきました。
要するに、オリジナル版を観ていると、ビックリすると同時に幸せになれるってこと!

4.絶対に3Dで観て!

世の中には数々の3D映画がありますが、本作の3Dとの相性の良さは尋常ではないものがあります。
具体的に何が飛び出してくるかはネタバレになるので書きませんが、これは遊園地のアトラクションのような“飛び出す”(いい意味で単純な)楽しさでいっぱいなのです!

個人的な“歴代3Dで観て本当によかった!”と思ったランキングを挙げると以下のようになりました。
1位 ヒックとドラゴン
2位 ゴーストバスターズ(←NEW!)
3位 ジャッジ・ドレッド(2012年版)
4位 アバター
5位 ゼロ・グラビティ
(『ピラニア3D』や『マダガスカル3』を3Dで観ていないことが悔しい!)

「あの過去の名作の続編が3Dで観られなんて!」という幸せは『ジュラシック・ワールド』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を軽く超えていました。
そんなわけで、本作は絶っっっっっっっっっっっっっ対!に3Dで観ましょう。いや3Dで観ろ!(命令)

5.じつは下ネタ満載!?

じつは本作は“ギリギリG(全年齢)指定で許されるくらいの下ネタ”も満載だったりします。主人公が初登場時からそこそこの下ネタをかますのは驚きました(笑)。オリジナル版もそれなりに下ネタがあったのですが、今回はけっこうパワーアップしていますね。

でも、“子どもに見せたくない”というほどキツい下ネタでもなく“大人ならわかる”程度なので、家族で観てもとくに問題はないでしょう。
ただ、子どもに「あれってどういう意味なの?」と聞かれると親御さんは困ってしまうかもしれません(笑)。

    ライタープロフィール

    ヒナタカ

    ヒナタカ

    ヒナタカ 映画ブログ「カゲヒナタのレビュー」運営中。All Aboutでも映画ガイドとして執筆中。映画に対しては毒舌コメントをしながら愛することをモットーとしています。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • じぇみじぇみ子
    • しましま
    • hosohana
    • apopo
    • 木村うい
    • 奥浜レイラ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo