「変態だ」は予想を覆す衝撃と感動!白石茉莉奈はAV以上!

変態だ 01

(C)松竹ブロードキャスティング

みうらじゅん原作・脚本、ソラミミストの安西肇初監督による話題の映画、それがこの「変態だ」。

インパクトあり過ぎるタイトルの通り、主人公のミュージシャンと愛人との、SM変態プレイが描かれるのと同時に、主人公のミュージシャン「不合格通知」の中途半端な日常が描かれる中、意外過ぎる衝撃のラストを迎える本作!
ネタバレ無しにその雰囲気だけ伝えるなら、「ハイランダー&燃えよドラゴン&レヴェナント」という感じだろうか。

自分の周りでも、「劇場の窓口で口にするのが恥ずかしいタイトルだ!」と、噂になっている本作を、今回は初日の舞台挨拶付きの回で鑑賞して来た。
ネットの評価的には低目だが、中には絶賛評も見られるなど、非常に見た人の間で評価が分かれる作品になっている本作。果たしてその出来はどうだったのか?

ストーリー

大学時代、無理やり勧誘された「ロック研究会」で始めたバンド活動により、ミュージシャン「不合格通知」として今も活動を続ける主人公。やさしく理想的な妻と産まれたばかりの子供がいながら、同時に学生時代から続く愛人の薫子とのSMプレイに溺れる日々を送っていた。
そんなある日、地方のフェス出演のために、薫子と現地にやって来た主人公の目に飛び込んできた、観客として会場にいる妻の姿。
慌てて薫子と会場を飛び出したものの、雪山へと迷い込んでしまった主人公たち!果たして二人が迎える驚愕の結末とは?

変態だ 04

(C)松竹ブロードキャスティング

全編モノクロ映像の中、効果的に挿入されるカラー映像に注目!

本作で非常に効果的なのが、今や「死語」となった「パートカラー」というもの。
全編モノクロで撮影することで撮影コストを抑えつつ、アクションやSEXシーン、ラストシーンなどの見せ場だけは、そこだけ突然カラーになる!という昔からの映画技法だ。
本作では序盤の白石茉莉奈と前野健太のSEXシーンがカラーで登場するのだが、この部分の綺麗さと過激な描写との対比が、実に見事で強く印象に残る。

今回奥さん役を演じるセクシー女優の白石茉莉奈は、まさに男にとっての理想であり、この奥さんがあっての「主人公の満たされない性的願望」という部分が、実に観客にも良く理解出来るようになっている。
果たして本作では、他のどの部分にカラーが登場するのか?「シンドラーのリスト」を思わせる、最も効果的なその登場は、是非劇場でご確認を!

変態だ 02

(C)松竹ブロードキャスティング

最後に

恐らく、多くの観客が本作のタイトルや、普段TVで見るみうらじゅん&安西肇氏の姿から、きっと変な脱力系のエロ映画を予想されると思うが、その予想が完全に裏切られるのは確実! (但し、いい意味で!)

特に凄いのが、単なるキワモノかと思わせて急転換する、ラストの10分間だ。
愛人の薫子が、主人公への歪んだ愛と女の弱さを見せる名シーンと、主人公の覚醒振り!
自分のセクシュアリティに目覚めた主人公が、名前を聞かれて堂々と「○○だ!」と高らかに宣言した姿には、その言葉の間抜けさに反して一種の清々しささえ感じられる。
きっとあなたも「何か判らないけど、カッコイイ!」、そう思わずにはいられない筈だ。

確かに、映画に完全な説明と結末を求める方には、正直好みが分かれる作品だと思うが、鑑賞後に色々と自分の解釈について語り合える映画なので、これは是非劇場で!

(文:滝口アキラ)

関連記事

「逃げ恥」ロス対策にはこれ!「フレフレ少女」はガッキー20歳の入浴シーンも!
今必見の短編映画「べー」!20歳の学生監督が邦画界に与える衝撃とは?
「私の少女時代」は実写版「君の名は」!新たな恋愛映画のバイブル誕生!
「湯を沸かすほどの熱い愛」は、カルトホラーの傑作にして今年のベスト1!
「淵に立つ」は必見の問題作!「地獄の寅さん」浅野忠信は、実は無実だった?

    ライタープロフィール

    滝口アキラ

    滝口アキラ

    滝口アキラ 映画ライターにしてブルース・リー研究家。主な著書に、「ブルースリー超全集」「俺たちのジャッキーチェン」「俺たちの007」などがある。映画のコミカライズや、日本オリジナル映画主題歌などの、「失われた映画カルチャー」にも造詣が深く、TBSラジオ「ウイークエンドシャッフル」へのゲスト出演、今関あきよし監督作品への声優出演、更には「実際に映画に出演する映画ライター」として、現在「毎月1本必ず映画に出る」をノルマに活動中。その抜群の企画力と、交友関係の広さには定評がある。

    ピックアップ

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.8 カトープレジャーグループ 加藤友康社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 星井 七億
    • 葦見川和哉
    • 増當竜也
    • 立岡未来
    • タクスズキ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo