『ロスト・バケーション』は新たなサメ映画の傑作!全映画ファンが観るべき10の理由

 

ロスト・バケーション メイン

7月23日より映画『ロスト・バケーション』が公開されています。ジャンルとしては“サメ映画”となるのですが、そんじょそこらのサメ映画と思うことなかれ。サメ映画ファンはもちろん、全映画ファン必見と言える素晴らしい作品であったのですから!

ここでは、映画ファンが絶対に『ロスト・バケーション』を観るべき10の理由を挙げます。ネタバレはいっさいありません!

1.出てくるのはサメ1体!

世の中には、さまざまなサメ映画があります。
竜巻に乗って大量のサメが飛んでくる『シャークネード』、砂浜でサメが泳ぎまくる『ビーチ・シャーク』、幽霊化したサメが襲ってくる『ゴースト・シャーク』、頭が3倍になったおかげで食事量も3倍になった『トリプルヘッド・ジョーズ』など、アイデア満載かつ出オチ感満載のB級サメ映画もたくさん作られていました(そういう映画も大好きです!)。

しかし! この『ロスト・バケーション』で出てくるサメはたったの1体! なんの特殊能力も持たない! 出てくる場所も1ヵ所のみ! 昨今のサメ映画ではたいへん珍しい“小細工なし!” “直球勝負”な存在なのです!

2.サメ映画版『トレマーズ』だ!

出てくるのがふつうのサメ1体、場所も限定されているかといって、本作がアイデアに乏しいということは決してありません。主人公は小さな岩肌や、“あるもの”に登ることで、サメの襲撃を回避していくのです。

これは、高いところに移動すればモンスターから逃れられるという“高鬼ごっこ”的なおもしろさがあった映画『トレマーズ』のようです。
しかも、この狭い場所であっても、主人公はさまざまなギミックを使ってサメと戦っていくのです! そのアイデアの数々には驚き、興奮できるでしょう。

3.サメ映画版『127時間』だ!

岩と岩の間に挟まってしまった男を描いた映画『127時間』は、空腹や時間の経過に耐えるサバイバル映画として優れていました。本作にも、その“長時間におけるサバイバル要素”があるのです。

何せ、主人公は岩肌に取り残されてしまい、そこからほとんど身動きが取れなくなってしまうのですから。
残酷にも時間はどんどん過ぎていき、あたりは暗くなっていきます。彼女がすでに深い傷を負っているということもあいまって、“長く苦しい時間”がしっかりと表現されているのです。

4.サメ映画版『ゼロ・グラビティ』だ!

宇宙空間を舞台としたサスペンス映画『ゼロ・グラビティ』は、極限状態にいる人間の心情や生存のための“勇気”が描かれ、“生きる理由”というメッセージまでもが示された作品でした。

本作も、(極限状態に限らず)生きるためにどうすればいいか、なんのために生きるのか、という哲学的な問いかけがされています。
ネタバレになるので詳しくは書けませんが、終盤の1シーンには、はっきりと『ゼロ・グラビティ』と同じ精神性を持っていると感じるシーンもありました。

5.『ジョーズ』にも匹敵する恐怖!

サメ映画の金字塔『ジョーズ』は本当に恐ろしく、おもしろい作品でした。無残な死体をさらし、人々が泣き叫び、人喰いザメという存在を観客につきつける恐怖描写がとにかく優れていたことが、名作となった理由のひとつでしょう。

本作においても、サメが登場してからの恐怖描写は圧巻です。ときには死体やサメの姿をハッキリと見せて、ときにはあえて見せずに“想像にお任せする形”で……ゆっくりと、しかし確実に恐怖を示していく演出は、『ジョーズ』に勝るとも劣りませんでした。

    ライタープロフィール

    ヒナタカ

    ヒナタカ

    ヒナタカ 映画ブログ「カゲヒナタのレビュー」運営中。All Aboutでも映画ガイドとして執筆中。映画に対しては毒舌コメントをしながら愛することをモットーとしています。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 内田俊太郎
    • はな
    • firstserver
    • 朝井麻由美
    • じぇみじぇみ子
    • 川口裕樹

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo