女性のためのホラー映画祭典「東京スクリーム・クイーン映画祭」レポ!

やっと過ごしやすくなってきた、秋のこの季節。毎年10月末からのこの時期は、東京国際映画祭や東京フィルメックスなど、各地で数々の映画祭が開催されて、映画ファンにとっては正にお祭りの季節と言えます。

そんな中、絶対に見逃せない映画祭の情報を一つ!
2013年のスタートから、早くも今年で4回目を数える「東京スクリーム・クイーン映画祭」が、10月22日(土)から10月28日(金)までの7日間、渋谷UPLINK FACTORYで絶賛開催中です。

プリント

2013年のスタート以来、その他に類を見ない独自の上映プログラムと、女性でも安心して鑑賞できるホラー映画イベントとして、トレンドに敏感な若い女性を中心に注目を集めつづけているこの映画祭。
世界中から集められた、女性映画監督によるジャンル映画(ホラー、サスペンス、ダークファンタジーや、ホラーコメディーなど)を上映するイベントとして、年々映画ファンへの認知度も高まっています。

第4回目の開催である今年は、更にその規模もスケールアップ!
メインである東京会場での開催に加え、名古屋や大阪でのイベントも開催!そしてなんとシンガポールでのツアーイベントの開催も決定するなど、遂に日本を飛び出したその規模と認知度の拡大は、まさに止まるところを知らない勢いとなっています。

さて、気になる今回の上映プログラムですが、日本初上映の長編ホラー映画2作品に加え、世界各国から集められた100本以上の中から選ばれた珠玉の短編7作品を、全て日本初上映でお届け!

love-witch
上映される長編作品は、まず60年代のテクニカラーにトリビュートを捧げた、最高にお洒落で残酷な魔女ホラー映画、「ラブ・ウィッチ」と、

senretsu

今回特別招待作品として、インドネシアの女性監督が撮った本格スラッシャー映画「鮮血のレイトショー」の2本。

短編作品の7本も、フランス・スペイン・アメリカ・イギリス、そしてなんと中国からの出品作品が!
(詳しい紹介は最後のページにある、リンク先の公式サイトより、是非ご覧になって下さい)

また、今年から新たに新設された、日本人女性監督によるジャンル短編映画の上映プログラム、「ジャパン・マッドネス」も開催!開催期間中は豪華ゲストによるトークイベントに加えて、本映画祭恒例の女性アーティストとのコラボアート作品の展示や、「コワカワ」なアートブースなどなど、ハロウィンシーズンを更に盛り上げるスペシャルなイベントも楽しめる、盛り沢山な内容でお送りします。

1-1

会場では限定Tシャツの販売もあり!

1-2

1-3

劇場ロビーでは、名作ホラー映画をモチーフにしたアート作品の展示に、記念撮影が出来るハロウィン用のフレームも!

さて、今回お邪魔させて頂いたのは、映画祭初日のオープニングナイトのプログラム。
ここで上映された、「ジャパン・マッドネス」と、その後に開催されたTORICO監督のトークイベントの模様を次ページよりお送りします。

    ライタープロフィール

    滝口アキラ

    滝口アキラ

    滝口アキラ 映画ライターにしてブルース・リー研究家。主な著書に、「ブルースリー超全集」「俺たちのジャッキーチェン」「俺たちの007」などがある。映画のコミカライズや、日本オリジナル映画主題歌などの、「失われた映画カルチャー」にも造詣が深く、TBSラジオ「ウイークエンドシャッフル」へのゲスト出演、今関あきよし監督作品への声優出演、更には「実際に映画に出演する映画ライター」として、現在「毎月1本必ず映画に出る」をノルマに活動中。その抜群の企画力と、交友関係の広さには定評がある。

    ピックアップ

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • しましま
    • よしかわあやの
    • hosohana
    • 92aki
    • 黒宮丈治
    • カツセマサヒコ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo