浪川大輔、堀内賢雄、萩原聖人。リスペクトし合うオトコたち!劇場版『牙狼 <GARO> -DIVINE FLAME-』

cinemas_yakumo_vol.64

はじめましての方もそうでない方もこんにちは。

八雲ふみねです。

01
関東地方も梅雨入りしましたね。
さて。


八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.64

今回は…。

劇場版『牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-』舞台挨拶の模様をダイジェストでお届けします。


02
雨宮慶太監督・原作の「牙狼〈GARO〉」シリーズ10周年記念作品にして初のアニメーション映画となる、劇場版『牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-』。
テレビアニメ「-炎の刻印-」から4年後を舞台に、魔女狩りで処刑された魔戒法師を母に持ち、魔戒騎士最高位の称号<ガロ>を受け継ぐ青年レオンと、“最も美しい”と呼ばれるホラー、ニグラ・ヴュヌスの戦いを描いています。
圧巻のバトルシーンと胸アツなストーリー展開で、これまでの「牙狼〈GARO〉」ファンはもちろん、目が肥えたアニメファンも、見れば驚愕の一作。
その完成披露プレミア上映会には主演の浪川大輔さん、萩原聖人さん、林祐一郎監督が。
初日舞台挨拶には主演の浪川大輔さん、堀内賢雄さん、富田美憂さん、林祐一郎監督がそれぞれ登壇。
八雲ふみねが司会を務めました。

03
まずは、完成披露プレミア試写会の模様から。
浪川さんと萩原さんは旧知の仲で、トークの息もぴったり。
萩原さんは本作で「牙狼」シリーズ初参戦ですが、キャストの方々とは別の作品でご一緒した機会もあり、林監督いわく「ずっと以前から居るように、場の雰囲気に馴染んでいた」とか。
アフレコ現場での印象的なエピソードを伺うと「ボールペンを貸したんだけど、なくしちゃうんですよ」と、ボヤく浪川さん。
一方の萩原さんは「撮影現場で文房具を使う習慣がないからね。すぐに忘れちゃうんですよ」と我関せずといった表情。

04
それでもお互いのお芝居の話になると…。
「萩原さんはストイックに役を突き詰めていく。その姿に刺激を受けました」と浪川さんが語れば、萩原さんも「アクションシーンでの声の当て方は、さすが。あんなに速い映像に合わせるなんて素晴らしいですよ」と、お互いに絶賛。
アプローチの仕方は違えども、キャラクターに魂を吹き込む作業を共にすることで、刺激を受けたご様子。
林監督は「テレビシリーズからのタイムラグを感じることなく収録することが出来ました。早く皆さんに観てもらいたい」と、その完成度に自信を覗かせてらっしゃいました。

05

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 村松健太郎
    • 染谷 昌利
    • firstserver
    • アスカ
    • ゆうせい
    • 大場ミミコ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo