あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

30年間、ありがとう!『さらば あぶない刑事』初日舞台挨拶



15-04


 

舞台挨拶では、期間限定で発足した映画公式ファンクラブの会員からのメッセージが集められた、巨大なメッセージボードも登場。
ボードの周りに集まって、熟読する登壇者の方々。
男女問わず幅広い年齢層のファンからのメッセージに、柴田さんは「泣きそうです!」と一言。
するとすかさず舘さん、この日2度目の

「泣かないで〜♪♪」

しんみりとした会場が、一気に沸きました。

タカ&ユージ、素敵すぎます!!!

 

 

16


 

フォトセッションは、映画の大ヒット祈願とファンの皆様へ30年間の感謝を込めて、シャンパンを手に。

テレビシリーズ第1弾の放送開始年と同じ1986年産で、30年もののシャンパンで盛大に乾杯!

そしていよいよ、本当に最後のご挨拶。
舘ひろしさん、柴田恭兵さんからのラストメッセージ。

お二人がおもむろにサングラスを外すと、客席からは拍手とどよめきが。

 

 

17


 

「支えてくれた皆さんに本当に感謝しています。長い間ありがとう。これで最後です。でもアンコールの声が聞こえたら……。(客席からは大きな拍手。それを受けて、)ありがとう、夢で会いましょう」
…と、最後までユージらしい洒落たジョークを口にする柴田さん。

 

 

18


 

「この映画で学んだことは、浅野オンコ(の劇中での暴走)は誰にも止められないということ!」と、湿っぽい雰囲気を一蹴しながらも、
「おかげで作品がすごく楽しいものになったし、本当にこの作品に出会えてよかった! 支えてくれた皆さんに心から感謝申し上げます」と、ダンディに締めくくる舘さん。

 

退場時は再び客席を通ってファンの皆さんに別れを告げ、初日舞台挨拶は終了しました。

 

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『あぶない刑事』は永遠不滅です!

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録