あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2016-04-25

その他

『テラフォーマーズ/新たなる希望』、菅谷哲也インタビュー「僕が変形したい虫は…」



──後半の変形シーンの撮影はどのようにされたんですか。

菅谷:あれは特殊メイクです。メイクするのに2時間くらいかかりました。腕が腫れてくるシーンなどもCGではなく特殊メイクなんです。空気を入れたりして。そこから小池がガラッと変わってくるんですよね。純粋な気持ちが怒りに変わってくる。狂気だったり、怒りだったり、根底の火星への思いという純粋な部分を忘れないように演じました。


──終盤のアクションシーンがありましたが、リハーサルはどのようにされたのですか。

菅谷:現場に入る前にアクションの先生に稽古をして頂きました。本読みやって、アクションの稽古して、そして現場に入るという形でした。映画の撮影している横で稽古をしていました。


──先に映画があることを意識された部分はありますか。

菅谷:dTVドラマ版では乗組員たちの人間模様が見えたら良いなと思って演じました。どういう人たちが火星に行くのかなど、根底の部分が描けたらなという気持ちを持って演じてました。私は火星に行けませんでしたが、こういう乗組員もいたんだと思ってもらえるように演じました。


──配信作品かつ映画の関連作品ですが、映画と異なる部分撮影でありましたか。

菅谷:ありませんでした。本当に映画やドラマに負けない機材やスタッフ、キャストで。配信という形ですけれど、映画やドラマに負けないくらいのスケールになっています。それらに引けを取らない見応えある作品に仕上がりました。


──『テラフォーマーズ』の原作ファンの方へ今作はどのように捉えてほしいですか。

菅谷:原作には描かれていない前の部分なので、「もしかしたらテラフォーマーズこうだったかもしれない」と思って見て頂ければと。完全オリジナルなので、こんな乗組員もいたんだ、こういうストーリーもあったんだと、そうやって見てもらえたら嬉しいです。


──映画をご覧になられる方へメッセージはありますか。

菅谷:映画ともセットで見て頂ければ、広く映画を捉えることができるかなと思います。先に見て頂ければ、こんな乗組員も居たんだと。後から見て頂ければ映画を思い返して解釈や世界観が広がると思います。どちらが先でも良いので是非dTV版もご覧になってください。

DSC00313


──映画と直接関係はありませんが、菅谷さんは宇宙旅行や惑星探査に憧れはありますか。

菅谷:行けるんだったら行ってみたいです。宇宙空間を経て惑星へ行ってみたいです。惑星に行ってどんな地形なのかとか地表なのかとか見てみたいですね。惑星から地球見てみたいですね。


──菅谷さん自身がもし何か別の生物の遺伝子を組み込まれるなら何が良いですか。

菅谷:カブトムシかクワガタですね。完全にフォルム的に。自分がそれと組み合わさったらカッコいいだろうなと思うので(笑)シャキーン!と(笑)


──最後にゆるい質問をさせてください。菅谷さんは実際にいるテラフォーマーは得意ですか。

菅谷:…不得意です。パニックになりますね。遠くからスプレーかける派です。実家はよく出るんですよ(笑)

インタビュー後記


菅谷さんのイメージと言えば『テラスハウス』のイメージが強かったですが、本作と今回のインタビューで真面目で熱い方だというのを強く感じました。

真面目に役柄や思いについて伺いつつ、リアルテラフォーマーは大の苦手とお茶目に答えてくださった菅谷さんでした。

『テラフォーマーズ/新たなる希望』は4月29日(金)公開の映画『テラフォーマーズ』に繋がるエピソードです。映画の世界観を広げ、映画をより楽しむためにも是非みなさんもご覧になってみてくださいね。

4月24日(日)よりdTVで独占配信です。

http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0004377

(取材・文:柳下修平)
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録