あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2016-10-28

ニュース

「はじめまして、私が殺人犯です」“殺人手記”出版会見映像を初解禁!

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』の最新ポスタービジュアルと初解禁となる映像が公開された。

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』映像初解禁


阪神大震災、地下鉄サリン事件……混沌とした時代に起きた5件の連続殺人事件。被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけ、目撃者をあえて殺さずに犯行をメディアに証 言させる―そのルールで行われた残忍な犯行は、世間の注目を浴びた。事件を担当する刑事の牧村(伊藤英明)は、犯人を追い詰めるものの、狡猾な犯人の罠によって敬愛する上司が殺されてしまう。そして、犯人は姿をくらまし、事件は未解決のまま時効を迎えてしまうのだった。22年後のある日。一冊の本が日本中を震撼させる。その本のタイトルは、「私が殺人犯です」それは、あの事件の犯人と名乗る男が書き綴った殺人手記。出版記念会見に現れたのは、曾根崎(藤原竜也)と名乗る妖艶な男だった。過熱するマスコミ報道、SNSにより時の人になっていく殺人犯。しかしその告白は、新たな事件の始まりに過ぎなかった――

22年目の告白―私が殺人犯です―


映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』は、残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連 続殺人の犯人が、時効を迎えた22年後に〝殺人手記〟出版記者会見を行うという前代未聞の衝撃の事態を描く。

自らの殺人を赤裸々に綴った本を出版し、一躍時の人となっていく美しき殺人犯・曾根崎雅人を藤原竜也が、22年間事件を追い続けてきた刑事・牧村航を伊藤英明がW主演でそれぞれ演じる。メガホンをとるのは、『SRサイタマノラッパー』シリーズで一躍注目を集め、その後 も『ジョーカー・ゲーム』などの話題作を手掛けてきた入江悠監督。

このたび本作の初映像が解禁となった。

22年目の告白―私が殺人犯です― 伊藤英明


映像では<被害者に近しい者を殺人の目撃者にする>という犯行を繰り返した曾根崎雅人が大量のフラッシュを浴びて会見場に姿をあらわすシーンからスタート。大勢のマスコミ、罵声を前に彼が発した「はじめまして、私が殺人犯です」という強烈な言葉。その男を睨みつける刑事・牧村との因縁めいた関係性も描かれている。

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』は2017年6月10日(土)より、全国ロードショー。



(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録