あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2017-02-11

ニュース

メインキャット発表!映画『ねこあつめの家』猫界の名プレイヤーが集結

人気スマホアプリの実写映画化作品『ねこあつめの家』のメイン猫キャストが発表となった。

猫界の名プレイヤー集結!映画『ねこあつめの家』のメイン猫キャスト発表


ねこあつめの家 メイン猫キャスト


若くして新人賞を受賞し、一躍人気作家となった小説家、佐久本勝(伊藤淳史)。現在は大スランプ中で、ヒマに任せてエゴサーチをしては、さらにドツボにハマる毎日。担当編集者のミチル(忽那汐里)は、そんな佐久本を励ますが、若さあふれる熱血アドバイスは、逆に佐久本には苦しいだけだった。ある夜、不思議な占い師から予言を受け、おかしな不動産屋(大久保佳代子)の勧めで、佐久本は多古町という片田舎の古民家に逃げるように移り住むことを決める。しかし、場所は変われど暮らしは変わらず、生活は下降線をたどる一方。ミチルの先輩編集者、浅草(田口トモロヲ)には見放されたようだ。そんなある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると、1匹の猫がふらりとやってくる。しばし見つめあう佐久本と猫だが、ほどなくして、猫は庭から出て行ってしまう。猫にも見捨てられたと落ち込むが、どうしても猫が気になり、ペットショップの店主・洋子(木村多江)からアドバイスを受けて庭作りを始める…。こうして、若き小説家の「ねこあつめ」の生活が始まった――

ねこあつめの家 伊藤淳史 シナモン


映画『ねこあつめの家』は、世界で1900万ダウンロードを誇る人気スマートフォン向けアプリ「ねこあつめ」を原案に実写映画化した作品。

スランプに悩む主人公・小説家の佐久本を伊藤淳史が演じるほか、忽那汐里、田口トモロヲ、木村多江、オアシズの大久保佳代子らが出演する。メガホンをとるのは『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』『土佐の一本釣り 久礼発 17歳の旅立ち』の蔵方政俊監督。

このたび本作のメイン猫キャストが発表となった。

ねこあつめの家 メイン猫キャスト


原案となるスマートフォン向けアプリ「ねこあつめ」でも人気の高い“ちゃはちさん”を演じるのは、数々のCMや人気作で抜群の演技力を誇るシナモン。その他11匹も映画やドラマでキャリアを積んだ、個性豊かな名バイプレイヤーたちが顔をそろえた。メインキャストならぬメインキャットが集結した本作では、小説家・佐久本の家に集い、自由気ままに過ごすさまを生き生きと演じている。

映画『ねこあつめの家』は2017年4月8日(土)より新宿武蔵野館他全国ロードショー。

(C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録