あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2017-03-08

ニュース

追加キャストに松ケン&壇蜜!岡田准一主演『関ヶ原』

司馬遼太郎の同名小説を、原田眞人監督・脚本、岡田准一主演で映画化する『関ヶ原』の第3弾キャストが発表となり、松山ケンイチと壇蜜の出演が明らかとなった。

岡田准一主演!映画『関ヶ原』第3弾キャスト解禁


西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打ち、その後の日本の支配者を決定づけた、戦国史上最大の天下分け目の決戦“関ヶ原の戦い”。その決着に要した時間はたったの6時間だった。豊臣家への忠義から立ちあがり、史上最大の合戦に挑んだ石田三成(岡田准一)。権力に燃え、天下取りの私欲のために戦う徳川家康(役所広司)。圧倒的に有利と言われた三成率いる西軍はなぜ負けたのか? そこには “封印”された真実が隠されていた!そして、三成を命を懸けて守り、愛し続けた忍び・初芽(有村架純)との許されない、淡い“恋”の行方は……。様々な権謀が渦巻く中、多勢に流されず、己の「愛」と「正義」を信じ、貫き通そうとした“純粋すぎる武将”三成を中心に、「愛」と「野望」の激突が、今幕を開ける――

関ヶ原 書影


映画『関ヶ原』は、戦国史上最大の合戦・関ヶ原の戦いを描いた、司馬遼太郎の“戦国三部作”、“家康三部作”のひとつとして知られるベストセラーを映画化する作品。25年もの長きにわたり映画化を熱望し続けた原田眞人監督が、石田三成の義を貫く様、今を生きる日本人の指標とすべき生き方として、新しい「関ヶ原」を作り、世界戦略時代劇として送り出す。

主人公の“純粋すぎる武将”、石田三成を岡田准一が演じるほか、三成と相対する徳川家康を役所広司、三成の下で忍びとして、また女性として支え続ける初芽を有村架純が務める。そのほか、平岳大、東出昌大、中越典子、北村有起哉、伊藤歩、音尾琢真、和田正人、滝藤賢一、キムラ緑子、西岡徳馬ら豪華俳優陣が名を連ねる。

このたび本作の第3弾キャストが発表となり、松山ケンイチと壇蜜の出演が明らかとなった。

関ヶ原 第3弾キャスト


松山ケンイチが演じるのは、岡田准一演じる石田三成と結託し、東から役所広司演じる家康を討とうと試みる会津の武将、直江兼続。壇蜜は、平岳大演じる島左近の昔なじみである尼僧妙善を演じる。

今回の発表にあわせて、松山ケンイチ、壇蜜からのコメントがシネマズに到着した。

松山ケンイチ/直江兼続役


原田監督のユーモアが大好きで、いつも楽しませて頂いてます。直江兼続をやらせて頂きましたが、今までの直江兼続像から少し離れたところで楽しくやらせて頂きました。尊敬する岡田さんと同志といえる間柄を演じる事が出来て、素晴らしい経験をさせて頂きました。

壇蜜/尼僧妙善役


左近さまと三成さまの密談を見守らせていただきました。壮大な映画の景観を損ねぬようコッソリとおつとめした次第です。どうぞお楽しみください。




映画『関ヶ原』は2017年8月26日(土)より、全国ロードショー。

(C)2017「関ヶ原」製作委員会

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録