あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2018-05-04

ニュース

タイトルがなげーよ!阿部サダヲ×吉岡里帆「音タコ」の特報とティザービジュアルが解禁

10月12日(金)公開の映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』から、特報とティザービジュアルが解禁された。



(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会


特報では、阿部サダヲ演じる、驚異の歌声を持つロックスター・シンのビジュアルが初披露された。マリリン・マンソンを彷彿させる鮮烈で奇抜なビジュアルはあまりにも衝撃的。

そして、シンが出会った、吉岡里帆演じる、ストリートミュージシャン・ふうかの歌声も初解禁。が、その歌声はあまりにも小さすぎる。そんなふうかの歌をシンは「不燃ごみ」と一蹴。ふうかは落ち込む間もなく、映画のタイトル通り、「音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」と大声でツッコまれ、唖然とする。しかし、最後にはふうかの絶叫する姿が。

二人の歌声が出会ったことで起こる、ぶっちぎりのミラクルとは? とにかく個性的、とにかく強烈、とにかくハイテンションなロックコメディに期待が高まる映像になっている。

また、ティザービジュアルには、右側だけメイクを施し、絶叫するシンを大きく配置。口から輝く光はまるで“ロックスターのカリスマ性”を具現化したかのよう。ギターを抱えるストリートミュージシャン・ふうかを大いに鼓舞する。


『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』あらすじ


驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部サダヲ)。その存在自体がロックであり、カリスマ的人気を誇っているが、実は彼には秘密があった。彼の歌声は「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだったのだ。

長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)だった。2つの歌声が出会ったとき、ぶっちぎりのミラクルが起きる!?

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』は10月12日(金)公開。