あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2018-05-22

ニュース

有村架純の初々しい運転士姿も!「RAILWAYS」最新作『かぞくいろ』特報・ティザーポスターが解禁!



©2018「かぞくいろ」製作委員会



人気シリーズ「RAILWAYS」の最新作の正式タイトルが『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』となり、公開日が2018年11月30日(金)に決定。あわせて、特報映像とティザーポスタービジュアルがお披露目された。

人生を鉄道になぞらえて描き、日本の美しい風景を走る鉄道とともに、迷いながらも成長していく人々の姿を描くシリーズ「RAILWAYS」。有村架純と國村隼がW主演を務める最新作『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』のテーマは“再出発”で、鉄道を舞台に、愛する人を失った家族の再出発を描くハートウォーミングな物語となっている。

完成したティーザーポスタービジュアルでは、若くして夫を亡くし、夫の故郷・鹿児島で「運転士」を目指す主人公・晶(有村)と、夫の連れ子・駿也(歸山竜成)が微笑みながら駅のベンチに座り、二人の前を堅い表情で横切ろうとする晶の義父・節夫(國村)の姿が切り取られている。駅には柔らかい陽光が差し込んでおり、物語の始まりを予感させる温かい雰囲気に仕上がっている。



特報では、血の繋がらない3世代3人が一緒に暮らし始め、それぞれが愛する人を失った悲しみを抱えながら、自分たちなりの家族のカタチを見つけようともがく姿が映し出される。NHK大河ドラマ「西郷どん」などの音楽を手がける富貴晴美による劇伴が流れ、本シリーズのもう一つの主人公でもある鉄道、“肥薩おれんじ鉄道”が豊かな九州の海沿いを走り、映像を美しく彩っている。さらに、時に涙してもがきながらも、「出発進行」と前を向く有村架純の初々しい運転士姿も収められている。

『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』は、2018年11月30日(金)より全国ロードショー。

ストーリー概要


晶(有村架純)は、夫・修平(青木崇高)とその連れ子・駿也(歸山竜成)と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で生活は一変。残された駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ向かい、まだ会ったことのない義父の節夫(國村隼)を訪ねる。節夫は、運転士の仕事一筋で家族を顧みずに生きてきたが、突然やってきた晶たちを戸惑いつつも受け入れ、母としてまっすぐに生きようとする晶の姿に次第に心を動かされていく。そして晶は、亡き修平の子供の頃の夢でもあり、電車好きな駿也のため、鉄道の運転士を目指すことに。温かい人々との出会いや絆が、晶・節夫・駿也の3人を“かぞくいろ”に染めていく――。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録