あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2018-05-22

ニュース

シャーリーズ・セロン、18キロ増量して母親役を熱演!『タリーと私の秘密の時間』今夏に公開決定



© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.



シャーリーズ・セロンの主演作『Tully(原題)』が、『タリーと私の秘密の時間』の邦題で今夏に公開されることが決定。あわせて、ポスタービジュアルがお披露目された。

『ヤング≒アダルト』のジェイソン・ライトマン監督とシャーリーズ・セロンが再タッグを組んだ本作。仕事に家事に育児と、何事も完璧にこなしてきた“人に頼れない”3人の子どもを持つ母親マーロと、彼女の元に現れた夜だけのベビーシッター、タリーの不思議な絆がコミカルかつ温かく描かれる。

タリーとの絆を深めていくうちに輝きを取り戻していくマーロを演じるシャーリーズ・セロンは、体重を18キロ増量し、3人の子を持つ母親役を熱演している。ベビーシッターのタリー役を演じるのは、『ブレードランナー2049』などのマッケンジー・デイヴィス。タメ口のイマドキ女子なのに仕事は完璧、マーロの悩みも解決してくれるが、何があっても夜明け前に姿を消して自分のことは絶対に語らない自由奔放な若きベビーシッターに扮している。



© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.



ポスタービジュアルには、子どもたちの大好きなシール遊びをしたばかりなのか、シャーリーズ・セロンの顔にはたくさんの可愛いシールが。頬には本作の原題『Tully』のシールも確認でき、「がんばりすぎる昼間の私が、夜にみつけたホントの私。」というキャッチコピーが添えられている。

『タリーと私の秘密の時間』は、今夏、TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。

ストーリー概要


「わたし、ひとに頼れないの」――仕事に家事に育児と、何事も完璧にこなしてきたマーロは、3人目の子どもが生まれて、ついに心が折れてしまう。そんな彼女のもとに夜だけのベビーシッターとしてタリーがやってくる。彼女はタメ口のイマドキ女子なのに仕事は完璧。マーロの悩みも聞き、見事に解決してくれる。自由奔放なタリーと不思議な絆を深めていくうちに、マーロも本来の輝きを取り戻していくのだが、タリーは何があっても夜開け前に姿を消し、自分の身の上は決して語らないのだった――。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録