あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2018-06-29

ニュース

こじらせた分だけ幸せに?元気の出る「こじらせガールズムービー」3選!



©2018「ルームロンダリング」製作委員会



池田エライザ主演の『ルームロンダリング』が7月7日(土)に公開される。本作は、池田演じる人づきあいが苦手な“こじらせ女子”の主人公が、部屋に居座る幽霊たちと奇妙な共同生活を送るうちに、「誰かのために力になりたい」と少しずつ変わっていく姿を描いている。

本作のように、人生こじらせた女子たちの背中をそっと押してくれる作品、観ると元気がでる「こじらせガールズムービー」を、主人公のタイプ別に紹介する。

主人公のこじらせタイプ:ユーレイと会話の出来るオカルト系こじらせ女子



『ルームロンダリング』7/7(土)公開 




©2018「ルームロンダリング」製作委員会



出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー
監督:片桐健滋

ストーリー概要
5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって‟物件を浄化する“というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送り、部屋に居座るお悩みだらけのユーレイに振り回されるうち、人生こじらせ真っ最中の御子に初めての恋とトラブルが訪れる!?


主人公のこじらせタイプ:貯金は100万円!自立系こじらせ女子


『百万円と苦虫女』2008年公開 




(c)2008『百万円と苦虫女』製作委員会



出演: 蒼井優、森山未來、ピエール瀧、笹野高志
監督:タナダユキ
ストーリー
短大を卒業後、就職もできず実家でフリーター生活を送る鈴子は、少し気の弱い大人しい女の子。友達とシェアハウスを始めるが、ある事件が起き警察沙汰に。前科持ちとなった彼女は実家に出戻るも、その居づらさから100万円を貯めるごとに引越しを繰り返す生活を決意する。「自分の事を誰も知らない場所に行きたい」と、各地を転々とする鈴子だが、新しい町に引っ越す度に様々な人との出会いを経験し、また、自分でも気が付かなかった隠れた才能を発見することで鈴子は少しずつ成長をしていく。


主人公のこじらせタイプ:思い切りが良すぎる暴走系こじらせ女子


『勝手にふるえてろ』2017年公開 




(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会



出演:松岡茉優、渡辺大知(黒猫チェルシー)、石橋杏奈、北村匠海(DISH//)
監督:大九明子

ストーリー
24歳のOLヨシカは中学の同級生「イチ」へ10年間片思い中!中学卒業後一度も会ったことはないが、ヨシカは頑なにその恋心を抱き続けている。そんなヨシカの前に、突然暑苦しい会社の同期「ニ」が現れ告白される。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、ニとの関係にいまいち乗り切れないヨシカ。ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ったヨシカは、海外にいる同級生の名前を勝手に借りてフェイスブックに登録し、同窓会を計画。名前を偽り「イチ」の実家に電話をかけるなどの努力が実り、ついに再会の日が訪れるのだが…。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録