あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2018-08-06

ニュース

「ビルド」「ルパパト」夏映画が大ヒットスタート!前年動員比106.1%を記録

8月4日(土)に全国公開された『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アン・フィルム)』の興行成績を東映が発表した。




同時上映された『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アン・フィルム)』は、公開初日からの2日間、8月4日(土)、5日(日)で興行成績が動員数213,166名、興行収入260,359,400円を記録。

この成績は、2017年の『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング/宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』と比較して、動員比106.1%、興行収入費103.8%にあたる。また、過去5年の夏の「仮面ライダー/スーパー戦隊シリーズ」との比較でもNo.1の成績となった。

平成最後の夏に公開という記念すべき映画となった本作。平成最後の仮面ライダーである『仮面ライダージオウ』もテレビシリーズに先駆けて本編に登場、さらに本編終了後には12月22日(土)に公開が決定した『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』の特報映像も解禁された。

本作は、平成仮面ライダーシリーズ第19作目で、シリーズ史上最高のIQを誇る天才物理学者が仮面ライダーに変身し、予想を裏切るストーリー展開で話題沸騰中の『仮面ライダービルド』(テレビ朝日系 毎週日曜午前 9:00〜)と、スーパー戦隊第42作目にして史上初、ひとつの番組の中に2組のスーパー戦隊が登場する異色作品『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(テレビ朝日系 毎週日曜午前 9:30〜)の劇場版最新作。テレビシリーズでも大きな反響を呼ぶ二大ヒーロー初の単独映画となっている。

劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)2018テレビ朝日・東映AG・東映

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録