あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

落ちて、落ちて、落ちまくり!!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のアクションを語る!

SHARE

■橋本淳の「おこがまシネマ」

どうも、橋本淳です。15回目となりました。熱中症に気をつけてくださいね。アタクシは豆乳ラテなんぞを飲みながらの更新です。
今回、ご紹介するのは、、、こちら。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』




(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


ハリウッド大作のシリーズ第6作目。トム・クルーズ主演の大ヒットシリーズです。何も己が紹介なんてしなくてもと思うくらい有名ですが、試写であまりにも圧倒されたので、今回選ばせていただきました。(他にもたくさん紹介したいのが多いのですが、また次回)

もちろんシリーズ全部抑えていますが、今回は特にすごかった。言うまでもなくトムのアクションがすさまじいです。タイトルの通り、落ちる、落ちる。落ちまくりの展開で、浮遊の時間が長い!! 派手なアクションが目白押しで、見ているこちらも手に汗握ります。夏休み映画にはもってこいです。



(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


トム・クルーズも、もう56歳ですか。。。それであのアクションをこなすのか、、おそろしいです。

さてそのアクションなのですが、派手なものに目が行きがちですが、個人的に肉弾戦も印象深い。トム演じるイーサンとCIAのウォーカーが敵とトイレで繰り広げる重量級のボディアクション。最近のアクション映画の主流は、少し早回しなスピーディーでトリッキーなものなのかなと思うのですが、本作は一発一発のパンチの重みを感じるほど。相変わらずドアを壊したりガラスを割ったりとやりたい放題なのですが、とてもリアリティを感じる痛々しさには目を見張るものがありました。ちょいちょい挟んでくるコメディパートも効いていて、これがまたいいスパイスです。

チェイスシーンもすごい。バイクで凱旋門を逆走するイーサン・ハント。もちろんトム本人が猛スピードスタントをしています、ノーヘルメットで。。。バイクならではのローアングルのスピード感、風を切っている臨場感はこの上ないです。

今回の目玉は何と言っても、ヘリでのチェイスシーンではないでしょうか。なんとこれもトム本人がヘリを操縦しています。(2000時間に及ぶ飛行訓練をこなしのぞんだという…)

もう、どこまで行くんだトム・クルーズが連続しますね。。前作、「ローグ・ネイション」では、離陸するエアバスA400Mアトラス輸送機のドアにしがみつくという弩級のアクションを見せたトムですが、今回は幾度となくそれを超えていくのです。

さらにはロンドンの屋上でのチェイスシーン。(チェイスばかりしてる印象ですが、私の抜粋の仕方のせいでございます)

セントポール大聖堂、ブラックフライアーズ駅、テート・モダンなどのシーンの撮影、屋上から隣の建物の屋上に移るべく大ジャンプをするトム。

ここで事件が起こります、当時を振り返るトムによると、「着地の瞬間とても強い衝撃であばらを強く打ち付けていたから、すぐに片足を使って衝撃を和らげようとした。しまったと思ったけど、撮影中だったから続けなければと、何とかカメラの奥へと歩いて行った」とのこと。何とここで足を骨折してしまったのです。距骨が砕けるほどの大怪我。

しかし、全治9ヶ月掛かるであろうとされていた大怪我を、トムは12週間後には全力で走るまで回復させていたのです。(さすがに完治はしていないので、全力疾走の後は3日ほどは歩けなかったそうです。)

文字通り体当たりな演技。そのシーンもきっちり収められているので、もはやドキュメンタリーを見ているほどのリアリティです。痛々しい、、観たらあなたもoops!と言っていることでしょう。



(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


監督は前作に引き続き、クリストファー・マッカリー。このシリーズで同じ監督が2作目を撮るのは初めてのこと。トムが彼を監督に、と切望したため実現しました。彼は、「ユージュアル・サスペクツ」で様々な脚本賞を受賞されています。

出演は、イーサン・ハント役にトム・クルーズ。いつものチームメンバー、ルーサー役にヴィング・レイムス、ベンジー役にサイモン・ペッグ。今回は女性キャストが魅力的、前作ヒロインから続けて登場イルサ役にレベッカ・ファーガソン。エリカ・スローン役にアンジェラ・バセット。ミステリアスなホワイト・ウィドウ役にヴァネッサ・カービー。そして帰ってきましたイーサンの妻ジュリア役にミシェル・モナハン。魅力的な女性キャストが作品をさらに彩ります。(個人的にはジェレミー・レナー不在が寂しかったですねぇ)

暑い日が続くのなら、涼しくて過ごしやすい映画館に駆けこめばいいじゃない精神はいかかでしょう。夏休み映画が揃ってきた今、ポップコーンとドリンクを手に大作を思う存分楽しみましょう。

観た後は、階段からジャンプしたい衝動にかられます。しかし、骨折には気をつけましょう。

それでは今回も、おこがましくも紹介させていただきました。

(文:橋本淳)

■このライターの記事をもっと読む
全ての画像を見る

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録