あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2019-04-09

ニュース

『ドラえもん』6週連続で首位を獲得!【今週の映画ランキング】

先週末(2019年4月6日〜7日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。


全国映画興行ランキング


1位(→)『映画ドラえもん のび太の月面探査記』

2位(→)『ダンボ』

3位(→)『翔んで埼玉』

4位(→)『キャプテン・マーベル』

5位(→)『バンブルビー』

6位(↑)『君は月夜に光り輝く』

7位(↑)『映画 少年たち』

8位(↓)『映画 プリキュアミラクルユニバース』

9位(→)『グリーンブック』

10位(NEW)『バイス』





© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019



今週の映画動員ランキングは、『映画ドラえもん のび太の月面探査記』(東宝)が、土日2日間で動員14万6000人、興収1億7500万円をあげ、6週間連続で首位に立った。

先週2位スタートを切った『ダンボ』(ディズニー)は、土日2日間で動員8万3000人、興収1億1000万円をあげ、その順位をキープ。

土日2日間で動員7万5000人、興収1億400万円をあげた3位の『翔んで埼玉』(東映)以下、5位までの作品、順位が先週と全く同じという結果となった。

累計では、『ドラえもん』が、動員396万人、興収45億円を、『翔んで埼玉』が動員245万人、興収31億円を、『キャプテン・マーベル』が動員118万人、興収17億円を突破している。

6位には、先週の7位からワンランクアップして『君は月夜に光り輝く』(東宝)がランクイン。先週8位でスタートを切った『映画 少年たち』(松竹)も、順位をひとつあげて7位となっている。

新作では、ジョージ・W・ブッシュ政権でアメリカ史上最も権力を持った副大統領と言われ、9・11後のアメリカをイラク戦争へと導いたとされるディック・チェイニーを描いた社会派エンターテイメント『バイス』(ロングライド)が10位に初登場している。

他のニュース記事も読む