あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020年も恐怖が熱い!マニアックJホラー映画5選



呪いの粘土が人を襲う
『血を吸う粘土』




(C)2017「血を吸う粘土」製作委員会 キングレコード/ソイチウム 


呪いの恐怖を描いた心霊モンスター系ホラーは多々ありますが、この『血を吸う粘土』はアイデアが秀逸です。

舞台はとある地方の人里離れたところにある美術専門予備校。

東京から転入してきた香織(武田杏香)は、建物の倉庫の中でビニール袋に入った乾燥粘土を見つけ、それに水をかけて粘土に戻し、課題制作に使用してしまいます。

しかしこの粘土、かつて無残な死を遂げた彫刻家の激しい怨念がこもった悪魔の粘土=カカメであり、やがて学校の生徒たちを次々と襲ってはモンスター化していくのでした……。

『暗殺教室』2部作(15・16)や『アイアムアヒーロー』(16)『亜人』(17)などの特殊メイクアーティストとして活躍する梅沢壮一の初監督作品だけあって、もちろん見どころはクレイアニメーションなどを駆使したカカメの造形とその動き、またそれに即した数々の特殊メイク。

J・ホラーの場合、往年の怪談ものの伝統を継承した怨念の設定を活かしたものに秀作が多いといった気候がありますが、そこに粘土という変幻自在のアイテムを用いたグロテスクながらもどこかしらアーティスティックな風情も醸し出す特殊メイクを効果的に用いたのが、本作の長所であり大きな魅力あるともいえるでしょう。

本作は第42回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門のクロージング作品に選出されるなど海外でも好評を博し、そうした波に乗せて梅沢監督は、2019年に続編『血を吸う粘土 派生』を、そして同年、妻の黒澤あすかを主演に起用したダークファンタジーの中編映画『積むさおり』を発表しています。

b_hulu
b_netflix
b_amazon
b_gyao
b_googleplay


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 美しくも哀しいオリエンタルな杉野希妃監督・主演の『雪女』

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録