あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-01-24

予告編

【特報】ナタリー・ポートマン『ポップスター』|2020年4月3日(金)公開

『ポップスター』|2020年4月3日(金)公開

特報




ナタリー・ポートマンが『ブラック・スワン』を彷彿させる演技と、製作総指揮も務めた『VOX LUX』(原題)が、邦題を『ポップスター』とし、4月3日(金)よりT全国公開が決定。ポスタービジュアルと特報が解禁された。

ナタリーが今作で挑むのは、銃乱射事件の生存者として、追悼式で歌を歌ったことをきっかけに新進ポップスターへと上り詰めるも、度重なるスキャンダルで失墜―再起をかけたステージに臨むポップスターのセレステ。セレステの才能を買い、彼女をトップスターへと導く敏腕プロデューサー役には、ベテラン演技派俳優のジュード・ロウ。

また、幼少期のセレステと、ナタリー・ポートマン演じるセレステの娘の二役には、ラフィー・キャシディ。そして、セレステの姉エレノアには、『ゲティ家の身代金』(18)や、『グッバイ・ゴダール!』(18)のステイシー・マーティン。劇中ナレーションではウィレム・デフォーも参加している。監督・脚本は『シークレット・オブ・モンスター』(16)で鮮烈なデビューを飾った若手気鋭のブラディ・コーベットが務める。

さらに、主題歌・劇中歌の全般を担当するのは、世界的トップ・アーティストのSia。本作は、ナタリー・ポートマンと共にジュード・ロウ、Siaまでもがエグゼクティブプロデューサーとして名を連ねた意欲的な作品となっている。




ストーリー




クラスメイトによる銃乱射事件で死の淵から生還したセレステ(ナタリー・ポートマン)。皮肉にも姉のエレノア(ステイシー・マーティン)と作った追悼曲が大ヒット。敏腕プロデューサー(ジュード・ロウ)に見初められ、一躍スターダムへ。18年後 ― トップスターの彼女はスキャンダルで活動を休止していた。再起をかけたカムバックツアーの初日、ある事件が起こる。しかし、それは、彼女の過去の模倣事件だった。蘇るトラウマを抱え彼女はステージにむかうのだが…。




作品情報


製作総指揮 ナタリー・ポートマン、ジュード・ロウ、シーア
脚本・監督:ブラディ・コーベット 『シークレット・オブ・モンスター』
出演:ナタリー・ポートマン 『ブラック・スワン』『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』、ジュード・ロウ 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』、ステイシー・マーティン 『グッバイ・ゴダール!』、ラフィー・キャシディ 『トゥモローランド』
主題歌&劇中歌全般:シーア
振り付け:バンジャマン・ミルピエ 『ブラック・スワン』(2011)『ミルピエ パリ・オペラ座に挑んだ男』
作曲・編曲(スコア):スコット・ウォーカー『シークレット・オブ・モンスター』 
音楽監督:マーガレット・イェン 『ゴジラ キング・オブ・モンスター』『ポケモン』『アリー/スター誕生』
配給:ギャガ © 2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC

⇒他の記事も読む