あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-08-21

ニュース

「MIU404」第9話の見どころとあらすじ|ついにあの男が動き出す…

綾野剛&星野源のW主演に加え、脚本家・野木亜紀子によるオジリナル脚本で話題の「MIU404」の第9話が8月21日に放送される。

第9話の見どころは、ついにあの男が動き出す…となっている。桔梗(麻生久美子)の自宅に盗聴器を仕掛けたのは誰か?住居侵入事件の一斉ガサが決行される中、久住(菅田将暉)はどう動くのか…。また、西武蔵野署の刑事の再登場にも注目したい。



MIU404 第9話 あらすじ



桔梗(麻生久美子)の自宅に盗聴器が仕掛けられた一件が進展する中、伊吹(綾野剛)、志摩(星野源)らのもとに、虚偽通報事件で逃走中の高校生・成川(鈴鹿央士)が暴力団の関係先に出入りしているという情報が入る。成川を取り逃がしたことに責任を感じていた九重(岡田健史)は捜査を志願し、陣馬(橋本じゅん)と共に成川を捜し出そうとするが…

一方、成川は久住(菅田将暉)の世話になりながら、ナウチューバ―・REC(渡邊圭祐)に接触し、賞金一千万がかけられた羽野麦(黒川智花)の捜索を依頼する。

そんな中、桔梗宅への住居侵入事件の主犯が、エトリと繋がりのある辰井組の組員だったことが分かり、関係各所への一斉ガサ入れが決行される。桔梗はエトリを再び取り逃がすことを恐れ、伊吹、志摩らにエトリにつながる人物を探すように命じるが…


【番組公式サイト】
金曜ドラマ「MIU404」|TBSテレビ

⇒他の記事も読む