あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-10-09

ニュース

沢田研二×菅田将暉『キネマの神様』キャラクタービジュアル解禁!




松竹映画100周年記念作品『キネマの神様』より、主要な登場人物4 名のキャラクタービジュアルが解禁された。

今年3月下旬に主演に決定していた志村けんさんが逝去し、新型コロナウイルス感染拡大の状況下による撮影中断、全国の映画館が休館とあらゆる困難を乗り越え、新たに沢田さんの出演を迎え撮影が再開されていた本作。新たに公開されたビジュアルには、沢田研二演じる主人公のゴウ(向かって左から2番目)と菅田将暉演じる若き日のゴウ(向かって左から3番目)、宮本信子演じるゴウの妻・淑子(向かって一番左)、そして永野芽郁演じる若き日の淑子(向かって左から4番目)の姿が映し出されている。

映画を愛し続けた男を通して描かれる、時代を越えた愛と友情、そして家族のありよう。日本映画界を代表する山田洋次監督と豪華な俳優陣が紡ぐ、松竹100周年記念作品にふさわしい至極の物語は、2021年全国ロードショー。

ストーリー


ギャンブル漬けで借金まみれのゴウ(沢田研二)は妻の淑子(宮本信子)と娘の歩にも見放されたダメ親父。そんな彼にも、たった一つだけ愛してやまないものがあった。それは「映画」———。
若き日のゴウ(菅田将暉)は助監督として撮影に明け暮れる傍ら、食堂の娘・淑子(永野芽郁)に恋をし、映写技師・テラシンとともに夢を語らい、青春の日々を駆け抜けていた。しかしゴウは初監督作品「キネマの神様」の撮影初日に転落事故で大怪我をし、その作品は幻となってしまう。半世紀後の2020年。あの日の「キネマの神様」の脚本が出てきたことで、沈みかけていたゴウとその家族は再び動き始める—。

作品情報


■監督 :山田洋次
■脚本 :山田洋次 朝原雄三
■原作 :原田マハ「キネマの神様」(文春文庫刊)
■出演 :沢田研二 菅田将暉 永野芽郁 宮本信子
■配給 :松竹
■コピーライト:(C)2021「キネマの神様」製作委員会
■公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama/
■公式Twitter:https://twitter.com/kinema_kamisama
■公式Instagram:https://www.instagram.com/kinema_kamisama/

[gallery ids="123864,123863,123862,123861,123865"]

⇒他の記事も読む