あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-11-24

公開情報

『ホリミヤ』鈴鹿央士×久保田紗友で実写映画化&テレビドラマ化|2021年2月〜



シリーズ累計570万部超の大人気漫画でアニメ化も話題となっている『ホリミヤ』の実写映画化&テレビドラマ化が決定した。

2021年2月16日からテレビドラマが放送、そしてテレビドラマ版の1~3話+劇場版限定の撮りおろしエクストラシーンを加えた劇場版『ホリミヤ』が、2021年2月5日(金)より1週間限定のイベント上映が行われる。

主人公の宮村伊澄を鈴鹿央士、ヒロインの堀京子を久保田紗友が演じる。22歳の松本花奈監督が、爽やかな青春の日々を映像化する。

鈴鹿央士コメント

宮村伊澄役の鈴鹿央士です。ドラマでは、宮村の成長が物語の一つのテーマとして描かれています。 宮村は、堀さんや進藤、石川くんや吉川さんとの出会いによって大きく変わっていきます。この変化をどうやって自分が表現しようか悩んでいたのですが、現場に入って、共演者の方々とシーンを重ねていくうちに、自然と感覚的に掴めたものがあった気がします。
皆さんが役として宮村と向き合ってくれたので、僕の演じる宮村が成長できました。HEROさん(先生)と萩原ダイスケさん(先生)が大切に作り上げ、たくさんの方に愛されているこの作品を、この作品に携わる全員で愛を込めて撮影に臨みました。
宮村とこの作品を愛してもらえるようにと思い続けた撮影期間から2ヶ月が経ち、年明けにアニメ版と一緒に放送開始です。是非、ご覧ください。

久保田紗友コメント

「ホリミヤ」は日常の中の些細なことや当たり前にあること、その積み重ねに改めて幸せや心地よさを感じられる作品だと思います。堀は鈴鹿くん演じる宮村と出会い、自分の弱さも強さも受け入れていきます。演じていて登場人物達の様々な形での相手を思う気持ちが繊細に伝わってきました。好きな人や家族、友達から受け取る不器用ながらも伝わってくる優しい愛に、作品を観て心があたたかくなって頂けたら嬉しいです。

松本花奈監督コメント

初めて誰かと距離が縮んだり、初めて自分の弱さを見せたり、初めて大切な人が出来たり。そんな沢山の”初めて“が詰まったこの作品が、私は大好きです。鈴鹿さん、久保田さんたちと全力で駆け抜けてつくった不器用で甘酸っぱくて、とってもキュートな「実写版・ホリミヤ」の世界をどうか堪能していただけたら嬉しいです。

ストーリー

クラスではいつもひとり、静かでネクラな宮村伊澄(みやむらいずみ)と、容姿端麗、成績優秀、クラスの中心にいる堀京子(ほりきょうこ)。2人には誰にも見せていない一面があった。ある日、ピアスだらけの若い男が堀の家を訪れる。怪我をした弟の創太を連ていた耳や口にたくさんのピアスを付けた男。それは学校では見せることのない、宮村のもう1つの姿だった。そんな彼が見たのは、化粧もせず無造作に髪を束ね、弟の面倒を見ながら家事にいそしむ家庭的な姿の堀だった。この日、お互いの秘密を共有したことをきっかけに2人の距離は近づいていく。今までひとりで過ごしていた変わりばえしなかった宮村の学生生活が嘘だったかのようにきらめきを帯びていく。堀との出会いを機にたくさんの友人たちに囲まれて、笑いあい、喧嘩をし、悩みを抱えて、恋をして、成長していく。甘酸っぱい青春の物語が今始まる。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

(C)HERO・萩原ダイスケ/SQUARE ENIX・実写「ホリミヤ」製作委員会・MBS