あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を観て、ゲンドウに抱いた親近感|趣味を語り合いたい

SHARE



2020年3月8日に公開された映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』、早速見てきました。

「エヴァンゲリオン」シリーズは、世界観が壮大で、夢の中にいる感覚に陥るのは私だけなのでしょうか。

本作では壮大な世界観はもちろん、昭和のような街並みが再現されているシーンも登場しており、なぜか平成生まれの私でも懐かしい気分になりました。

さまざまな角度から楽しめ、語り尽くせないほど見どころ満載の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』ですが、私はその中で"ゲンドウの趣味"に注目しました。

あの頑固そうなゲンドウがハマる趣味について語る前に、まずはゲンドウについて軽くおさらいをしておきます。

→『シン・エヴァンゲリオン劇場版』より深く楽しむための記事一覧

ゲンドウとは

ゲンドウは主人公「碇シンジ」の父親で、物語の最大のキーマンです。

謎の計画「人類補完計画」のために行動しており、その為には手段を選ばず、息子であるシンジや慕ってくれているレイを駒のように扱うため、とっつきにくいキャラとされているひとりです。

そんなゲンドウは子どもの頃から人を信用しておらず、最愛のパートナー「ユイ」と出会うまで、"2つのこと"しか信じていませんでした。

その"2つのこと"はゲンドウにとって生き甲斐であり、趣味でした。そして、私にとってもその2つは大切な趣味なので、ゲンドウに共感し親近感を抱きました。

では、その2つの趣味とはなんなのでしょう。

→『シン・エヴァンゲリオン劇場版』より深く楽しむための記事一覧

NEXT|次ページ > ゲンドウの2つの趣味とは?

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録