あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-04-04

予告編

『ブラック・ウィドウ』過去に迫る新予告解禁!幼少期のナターシャも登場



“ブラック・ウィドウ”の過去と秘密が描かれるマーベル・スタジオ最新作『ブラック・ウィドウ』が7月9日(金)に映画館とディズニープラス プレミア アクセスで同時公開が決定。ブラック・ウィドウを暗殺者に育てた組織が産み出した”偽りの家族”と、今まで決して明かされることの無かった彼女の過去が垣間見える新予告が新たに解禁された。

解禁となった新予告では、エンドゲームで衝撃の決断をしたブラック・ウィドウが”家族”と呼ぶアベンジャーズと共に戦ってきた映像から始まる。更にその昔、ブラック・ウィドウがアベンジャーズになる前、暗殺者として育て上げたスパイ機関であるレッドルームが産み出した“偽りの家族”と過ごした幼少期が描かれ、今まで語られてこなかった彼女の謎めいた過去が明かされていく。

ブラック・ウィドウの幼少期である青髪の少女に、自称キャプテン・アメリカの宿敵である”父”レッド・ガーディアン/アレクセイが力強く生きることを説く場面や、レッドルームの天才科学者である“母”メリーナがウィドウを連れ逃げているようなシーン、そしてウィドウが何者かによって強引に“妹”エレーナと引き離されてしまうような、彼女が経験してきた壮絶な過去が次々と描かれている。スパイ機関”レッドルーム”の目的とは。この”家族”を追うレッドルームの支配者、タスクマスターとは果たして何者なのか。そして、ブラック・ウィドウが過ごしてきた幼少期は”偽り”なのか。

さらに本映像には、ブラック・ウィドウの特徴であるスピーディーかつスタイリッシュで縦横無尽なアクションシーンも新たな映像として収められている。


ストーリー

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のマーベル・スタジオ最新作。孤独な暗殺者ブラック・ウィドウはなぜ、アベンジャーズになったのか――ブラック・ウィドウの前に突如現れた“妹”エレーナ。 姉妹は、自分たちを暗殺者に育てたスパイ組織レッドルームの秘密を知ったことで命を狙われる。唯一の味方は、かつて組織が生み出した“偽りの家族”だけ。だが、この家族の再会によって、レッドルームの恐るべき陰謀が動きだす!ブラック・ウィドウの作られた過去との戦いが、世界の命運を握る。

作品情報

監督:ケイト・ショートランド 
出演:スカーレット・ヨハンソン、フローレンス・ピュー、レイチェル・ワイズ 
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
全ての画像を見る

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録