あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

映画『いのちの停車場』で、自分の”命のしまい方”を模索する

©2021「いのちの停車場」製作委員会



吉永小百合主演、松坂桃李や広瀬すず、西田敏行など豪華キャストが脇を固める映画『いのちの停車場』が2021年5月21日より公開される。

本映画は、小さな町の「まほろば診療所」にて在宅医として働く医師たちと、自宅で命を閉じることを選んだ患者それぞれとの交流を描いた物語。各々が抱える事情と、命との向き合い方をまざまざと提示され、自ずと”自分の命のしまい方”について思いを巡らせてしまう作品になっている。

吉永小百合が熱演、責任を取り辞職した潔さと任務を追った背中



女優としての吉永小百合の凄まじさは、最早文章にして語らずとも周知のことだろう。それでも書かずにはいられないほど、スクリーンを通して彼女の気迫が伝わってきた。

元は大病院で救急医として働いていた咲和子は、とある事件の責任を取って自ら辞職し、地元金沢にある診療所へ向かうことになる。咲和子として、ひとりの救急医・在宅医として、目の前の患者さんにひとりひとり対面し、思いを汲み取っていくのだ。ひとりの人間として患者の意思を尊重し続ける姿勢と強い目線には、座長としての責任もともに感じられた。

石田ゆり子演じる囲碁棋士との交流では、余命いくばくもないことがわかっていながらも、あえて命のことや未来のことに触れず”ともに存在する今”だけに集中する互いの様を見て、なんともやりきれない気持ちに駆られる。助けられる命と助けられない命、同じ人間であるはずの医師が、命に区別をつける。この取捨選択について、皆さまはどう思われるだろうか。

広瀬すずや松坂桃李、若い才能が脇を固める



同じ診療所で働く看護師として広瀬すず、診療所のスタッフである松坂桃李など、若き才能が脇を固める。両者とも次々と話題の映像作品に出演し、姿を見ない日はないほど。だが、浮ついた印象などは一切ない。この作品のために真摯に臨む姿勢が、一挙手一投足から伝わってくる。

映画『万引き家族』で広く名が知られることになった佐々木みゆが、小児がんを患った少女として出演。プレゼントでもらった変身スティックを壊してしまったことを気に病む彼女に、優しく声をかける広瀬すずの演技が印象的だった。少女の願いを聞き、家族とともに海へ出かけるシーンでは、普通のパンツのまま海へ飛び込み少女を元気づける松坂桃李の体当たりな演技も。

それぞれの患者がひとりひとり、自分の命と向き合う心の動きを見ながら、私たちも考えざるを得ないだろう。自分の命のしまい方を。大切な人の命との向き合い方を。この映画がひとりでも多くの人に届き、そして、後悔のない命のしまい方について模索するきっかけとしてくれればと願う。

(文:北村有)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『いのちの停車場』作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©2021「いのちの停車場」製作委員会