あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『SEOBOK/ソボク』レビュー:コロナ禍だからこそ観たい、クローンを通して生死に向き合う作品



命には限りがある。その宿命からは逃れられない。その事実を知っている私たち人間は死に対する恐怖を拭い去ることができない。

韓国で大ヒットした映画『SEOBOK/ソボク』が本日から1ヵ月後の2021年7月16日、とうとう日本でも公開されます。本作はコン・ユとパク・ボゴムの実力派俳優のW主演で注目されている作品で、製作費を160億ウォンも費やしていることから制作陣の本気度が伺えます。

『SEOBOK/ソボク』は韓国で今年一番の話題作と言われているほどの作品で、”余韻が残る”という感想が多く、日本での期待も高まっています。



本作は余命宣告を受けた「ギホン」が、死なない存在であるクローン「ソボク」を研究室まで安全に移動させる任務を遂行しようとするストーリーです。

しかし、死なない技術に脅威を抱いている組織が移動中の2人の行手を阻み、ソボクの命を狙います(さすがのソボクも銃で撃たれたり車で轢かれると死んでしまう)。逃避行を続けるうちに2人は兄弟のように心を通わせます。

"死ぬことがないクローン"と"余命宣告されている男"、対照的な宿命を背負った2人が追手から逃げながら生きることに向き合う過程を描くことで私たちに人生について問いかける哲学的な作品となっています。

もちろん「哲学的なテーマ」だからといって退屈な物語ではありません。「SFチックなド派手なアクション」や「感動的な人間ドラマ」の要素も盛り込まれているので、観ていて飽きない内容となっています。

様々な裏切りと思惑が交差する。僅かな命の男と永遠の命を宿すクローンが逃避行の末に行き着く先には何が待っているのか。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > ロマンチックなシーン、多彩なアクションシーンに注目

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED